ここがホームです。

私版・京都アート情報 ( https://art.editon.link )
( 右サイドバーの、タイトルの文頭に「保護中」とある記事は、
    現在各館で確認中の記事か、あるいは開催期間が終了したもののため、閲覧できません。)

(全て、右クリック不可、ダウンロード不可の設定にしてあります。)


(休館や入館規制などあります。必ず各館HPでご確認下さい。)
(3段下の ↓ 「目次【開く】」で開いて、タイトルをクリックすると、そこへ移動します。)
(タイトルの最後に「☆」がある展覧会は各館提供の「チケット・プレゼント」あり!)
(只いま休憩中)

ちなみに本webで、タイトルの冒頭に「pic」とあるページには、一つ一つの作品に「解説」が付いている場合もあります。(各見出しの文頭に「+」があれば、クリックすると詳細が現れますよ! )

☆ 現在(あるいは近日)開催の主な展覧会 ↓

  1. 「旅する印象 ー画家が見つめた、ひと・町・自然ー」(6/25-9/25) (堂本印象美術館)
  2. 「イスラエル博物館所蔵 ピカソ ー ひらめきの原点 ー」(7/2-9/4) (佐川美術館)
  3. 福田美術館「開館3周年記念 福美の名品展」(7/16-10/10) (福田美術館)
  4. 「どうぶつ美術館」(7/16-10/10) (嵯峨嵐山文華館)
  5. 「アンディ・ウォーホル・キョウト / ANDY WARHOL KYOTO」(7/9-8/14) (京都市京セラ美術館)
  6. 「サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史」(10/7-12/11) (京都市京セラ美術館)
  7. 夏季特別展「懐石の器 風炉の季節」・特別陳列「中華世界の誕生−新石器時代から漢−」(7/9-8/14) (MIHO MUSEUM)
  8. 企画展「のぞいてみられぇ!“あの世”の美術―岡山・宗教美術の名宝Ⅲ―」(7/16-8/21) (龍谷大学 龍谷ミュージアム)
  9. 享本當麻曼荼羅修理完成記念 特別展 「中将姫と當麻曼荼羅―祈りが紡ぐ物語―」・わくわくびじゅつギャラリー 「はっけん!ほとけさまのかたち」(7/16-8/28) (奈良国立博物館)
  10. 新発見! 蕪村の「奥の細道図巻」(6/14-7/18) (京都国立博物館 平成知新館1F-2)
  11. 「特別展 河内長野の霊地 観心寺と金剛寺─真言密教と南朝の遺産─」(7/30-9/11) (京都国立博物館)
  12. 「特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯」(10/8-12/4) (京都国立博物館)
  13. 「展覧会 岡本太郎」(7/23-10/2) (大阪中之島美術館)
  14. 大阪中之島美術館 開館記念特別展「モディリアーニ ―愛と創作に捧げた35年―」(4/9-7/18) (大阪中之島美術館)
  15. 出版120周年「ピーターラビットTM展」(7/2-9/4) (あべのハルカス美術館)
  16. ドレスデン国立古典絵画館所蔵 フェルメールと17世紀オランダ絵画展(7/6-9/25) (大阪市立美術館)
  17. 特別展「中将姫と當麻曼荼羅ー祈りが紡ぐ物語ー」(7/16-8/28) (奈良国立博物館)
  18. 「ミホ・ミュージアム 2022年の特別展 」(MIHO MUSEUM)
  19. 龍谷大学 龍谷ミュージアム 2022年度 展覧会スケジュール

「旅する印象 ー画家が見つめた、ひと・町・自然ー」(6/25-9/25) (堂本印象美術館)

「旅する印象 ー画家が見つめた、ひと・町・自然ー」

2022年6月25日(土)~9月25日(日)

堂本印象美術館

コレクション展
「「旅する印象 ー画家が見つめた、ひと・町・自然ー」では、

印象が61歳で初めて経験した欧州旅行の足跡を中心に、
若い頃に旅した中国を題材にした作品とあわせて紹介し、
渡欧前後の風景表現の広がりを紹介します。

<堂本印象美術館リリース資料より>

「イスラエル博物館所蔵 ピカソ ー ひらめきの原点 ー」(7/2-9/4) (佐川美術館)

イスラエル博物館所蔵 ピカソ ー ひらめきの原点 ー

2022年07月02日(土)~09月04日(日)
(WEB事前予約制・詳細は佐川美術館HPへ。)

佐川美術館

福田美術館「開館3周年記念 福美の名品展」(7/16-10/10) (福田美術館)

福田美術館「開館3周年記念 福美の名品展」

2022年7月16日(土)~10月10日(月・祝)
前期:7/16~8/29 後期:8/31~10/10

福田美術館

福田美術館は2022年10月1日に開館3周年を迎えます。

本展ではこれを記念して、当館を代表する名品と共に、
これまで公開したことがない近代絵画を中心とした
秘蔵のコレクションを多数ご紹介いたします。

約1800点のコレクションの中から厳選した名品を通して、
福田美術館の新たな一面をお楽しみいただければ幸いです。

<福田美術館リリース資料より>

「どうぶつ美術館」(7/16-10/10) (嵯峨嵐山文華館)

「どうぶつ美術館」

2022年7月16日(土)~10月10日(月・祝)

京都・嵯峨嵐山文華館

日本画にしばしば登場する動物。

鹿や狸など身近に生息する野生動物や、牛や馬など家畜として
人の生活を支えてきた動物など、様々な生き物が動く姿を
いかに表現するかということは、古来多くの画家が
取り組んできたテーマでした。

本展覧会では、動物に魅せられた画家の思いや制作背景などにも
触れながら、いろいろな動物画をご紹介いたします。

<嵯峨嵐山文華館リリース資料より>

「アンディ・ウォーホル・キョウト / ANDY WARHOL KYOTO」(7/9-8/14) (京都市京セラ美術館)

アンディ・ウォーホル・キョウト / ANDY WARHOL KYOTO

2022年9月17日(土)~ 2023年2月12日(日)

京都市京セラ美術館 新館「東山キューブ」

「サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史」(10/7-12/11) (京都市京セラ美術館)

「サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史」

2022年10月7日(金)~ 12月11日(日)

京都市京セラ美術館

夏季特別展「懐石の器 風炉の季節」・特別陳列「中華世界の誕生−新石器時代から漢−」(7/9-8/14) (MIHO MUSEUM)


夏季特別展「懐石の器 風炉の季節」
特別陳列「中華世界の誕生−新石器時代から漢−」

7月9日(土)〜8月14日(日)
(事前予約制)

MIHO MUSEUM

企画展「のぞいてみられぇ!“あの世”の美術―岡山・宗教美術の名宝Ⅲ―」(7/16-8/21) (龍谷大学 龍谷ミュージアム)

企画展「のぞいてみられぇ!“あの世”の美術―岡山・宗教美術の名宝Ⅲ―」
(公式サイト)


2022年7月16日(土)〜8月21日(日)

龍谷大学 龍谷ミュージアム

享本當麻曼荼羅修理完成記念 特別展 「中将姫と當麻曼荼羅―祈りが紡ぐ物語―」・わくわくびじゅつギャラリー 「はっけん!ほとけさまのかたち」(7/16-8/28) (奈良国立博物館)

享本當麻曼荼羅修理完成記念 特別展 「中将姫と當麻曼荼羅―祈りが紡ぐ物語―」
わくわくびじゅつギャラリー 「はっけん!ほとけさまのかたち」


2022年7月16日(土)~8月28日(日)

奈良国立博物館


奈良国立博物館では、2022年7月16日(土)より8月28日(日)までを会期として、貞享本當麻曼荼羅修理完成記念 特別展 「中将姫と當麻曼荼羅―祈りが紡ぐ物語―」と、わくわくびじゅつギャラリー 「はっけん!ほとけさまのかたち」の二つの展覧会を同時開催いたします。

貞享本當麻曼荼羅修理完成記念 特別展 「中将姫と當麻曼荼羅―祈りが紡ぐ物語―」では、修理を終えた貞享本當麻曼荼羅(重要文化財、當麻寺蔵)の美しい姿をご覧いただき、修理過程で確認された資料を紹介しながら、貞享本製作プロジェクトの全貌をお示しします。そして、當麻曼荼羅信仰や、連動する中将姫信仰の動向についても、くわしくご紹介します。

わくわくびじゅつギャラリー 「はっけん!ほとけさまのかたち」は、仏像や仏画に表されたほとけさまのかたちに注目し、そこに込められた祈りや意味について解説する、子どもから大人までお楽しみいただける展覧会です。 <奈良国立博物館リリース資料より>

新発見! 蕪村の「奥の細道図巻」(6/14-7/18) (京都国立博物館 平成知新館1F-2)

特集展示 新発見!蕪村の「奥の細道図巻」

2022(令和4)年6月14日(火)〜7月18日(月・祝)

京都国立博物館 平成知新館1F-2

<当サイトでの、ご紹介ページは→コチラ>

「特別展 河内長野の霊地 観心寺と金剛寺─真言密教と南朝の遺産─」(7/30-9/11) (京都国立博物館)

「特別展 河内長野の霊地 観心寺と金剛寺─真言密教と南朝の遺産─」

2022(令和4)年7月30日(土)〜9月11日(日)

京都国立博物館

「特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯」(10/8-12/4) (京都国立博物館)

「特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯」
(公式サイト)

2022(令和4)年10月8日(土)〜12月4日(日)

京都国立博物館

「展覧会 岡本太郎」(7/23-10/2) (大阪中之島美術館)

「展覧会 岡本太郎」

2022年7月23日(土)~10月2日(日)

大阪中之島美術館

<当サイトでの、ご紹介ページは→コチラ>

大阪中之島美術館 開館記念特別展「モディリアーニ ―愛と創作に捧げた35年―」(4/9-7/18) (大阪中之島美術館)

大阪中之島美術館 開館記念特別展
「モディリアーニ ―愛と創作に捧げた35年―」


2022年4月9日(土)~7月18日(月・祝)

大阪中之島美術館

公式サイト https://modi2022.jp

<当サイトでの、ご紹介ページは→コチラ>

出版120周年「ピーターラビットTM展」(7/2-9/4) (あべのハルカス美術館)

出版120周年
「ピーターラビットTM展」

2022年7月2日[土]~9月4日[日]
あべのハルカス美術館

<当サイトでの、ご紹介ページは→コチラ>

ドレスデン国立古典絵画館所蔵 フェルメールと17世紀オランダ絵画展(7/6-9/25) (大阪市立美術館)

特別展 ドレスデン国立古典絵画館所蔵
フェルメールと17世紀オランダ絵画展

2022年7月16日(土) ~ 9月25日(日)

大阪市立美術館

<当サイトでの、ご紹介ページは→コチラ>

特別展「中将姫と當麻曼荼羅ー祈りが紡ぐ物語ー」(7/16-8/28) (奈良国立博物館)

貞享本當麻曼荼羅じょうきょうぼん たいま まんだら 修理完成記念 特別展
中将姫ちゅうじょうひめ當麻曼荼羅たいままんだらー祈りが紡ぐ物語ー

2022年7月16日(土)~8月28日(日)


奈良国立博物館


「ミホ・ミュージアム 2022年の特別展 」(MIHO MUSEUM)

「ミホ・ミュージアム 2022年の特別展 」
(MIHO MUSEUM)
(これからの展覧会)

●春季・夏季特別展「懐石の器」
  春季:「懐石の器 炉の季節」3月19日(土)〜 6月5日(日)
  夏季:「懐石の器 風炉の季節」7月9日(土)〜 8月14日(日)

●夏季・秋季特別展 「中華世界の誕生—新石器時代から漢—」(仮称)
  夏季:7月9日(土)〜 8月14日(日)
  秋季:9月3日(土)〜 12月11日(日)

●秋季特別展「文明をつなぐもの 中央アジア」(仮称)
  9月3日(土)〜 12月11日(日)
  ※秋季特別展の一部は、海外からの借用作品を展示する計画のため、
   出入国や作品輸送等の状況により、企画内容が変更される可能性があります。

龍谷大学 龍谷ミュージアム 2022年度 展覧会スケジュール

龍谷大学 龍谷ミュージアム 2022年度 展覧会スケジュール

◆ 春季特別展「ブッダのお弟子さん -教えをつなぐ物語-」
会期:2022年4月23日(土)〜2022年6月19日(日)
ブッダを支え最も活躍した十大弟子や、涅槃時に後を任された十六羅漢、そして維摩居士に代表される在家信者たちに焦点を当てます。
インドや東南アジア、東アジアで大切に伝えられてきた彼らのすがたを個性豊かなエピソードと共にご紹介します。
 ※なお、本展は2020年にコロナ禍で中止となった展覧会の一部を変更して開催するものです。

◆ 企画展「岡山・宗教美術の名宝Ⅲ -岡山の浄土教美術-」(仮称)
会期:2022年7月16日(土)〜2022年8月21日(日)
岡山県の寺社・個人からお預かりした寄託品の中から、「法然上人」・「熊野比丘尼」・「地獄・極楽」の3つのキーワードを軸に、岡山県下の浄土教美術をクローズアップします。浄土宗の宗祖・法然上人(1133~1212)は美作国久米(現在の岡山県久米郡)の出身で、親鸞聖人の生涯の師として仰がれる高僧です。法然上人の生涯を描いた絵巻「法然上人伝法絵」(鎌倉時代、岡山県立博物館)を中心に、日本浄土教の礎を築いた法然上人の生涯に迫ります。

◆ 秋季特別展「博覧-近代京都の集め見せる力-」
初期京都博覧会・西本願寺蒐覧会・仏教児童博物館・平瀬貝類博物館
(仮称)
会期:2022年9月17日(土)〜2022年11月23日(水・祝)
なぜ人はモノを集めるのか?明治から昭和戦前期に京都で開催、開設された展覧会や博物館では、大きな目的を掲げ、工夫を凝らし資料を集め展示していました。本展では、集め見せる試みとして初期京都博覧会、西本願寺蒐覧会、仏教児童博物館、平瀬貝類博物館を取り上げ、当時の古写真や文献史料を精査し、その様子を紹介しながら、当時の主催者側の展示への思いを探ります。



テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました