一つ一つの「面」に歴史が…「猿楽と面」(ミホミュージアム)

一つ一つの「面」に歴史が…「猿楽と面」(ミホミュージアム)

甲賀市信楽の森の中にあるMIHO MUSEUM(ミホミュージアム)の春季特別展「猿楽と面 ー大和・近江および白山の周辺からー 」が3月10日から始まり、その前日に内覧会が行われた。 駐車場近くのレセプション棟から、電気自動車でミュージアムへ。
道の左右には枝垂れ桜。これからの季節、プロムナードを艶やかに飾り、トンネル内もピンク色に染めるという。「桜を観に来るお客さんもいますよ」と乗り合わせた方が教えてくれた。   合間の時間、階段の踊り場で先生方の写真を撮らせて頂いた. 作品の解説をされていた秀明文化財団参事の高梨純次氏、ミホミュージアム研究顧問で和歌山県立博物館館長の伊東史朗氏、ミホミュージアム特任学芸員の片山寛明氏。お世話になりました。 写真を撮ると、以前からお知り合いだったような気がして、先様がどう思うかは別にして少し嬉しい気がする。 「一回会えば友達、二回会えば旧友、三回会えば竹馬の友」とかいう言い伝えもあるのだから、まっいいか。 で、春季特別展「猿楽と面  ー大和・近江および白山の周辺からー 」。 (さるがくとおもて)同展では、重文約80点を含む350点あまりの大和(奈良)、近江(滋賀)、白山(北陸・岐阜)にまつわる面などが各地より集められた。(展示替えあり。) 「”能面のような表情”とよく比喩に使われるが、そんなことはない。逆に能面は実に様々な心情を映し出す」 というようなことを解説の中で言っておられた。 能面、能楽の奥の深さもさることながら、 これだけの面が一堂に集まると壮観だ。 色、形、材質、表情、仕上がり具合、保存状態、一つ一つに歴史が刻まれている。 訊けばどの作品にもそれぞれの謂(いわ)れがあるらしい。いつか調べたいものだ。 春季特別展「猿楽と面~大和・近江および白山の周辺から~ 」は6月3日(日)まで。 ミホミュージアム

  (普段は館内での撮影はできませんので、ご注意下さい。)   また南館では、「MIHOコレクション」(世界の古代美術)が展示されています。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました