奇跡の至宝 初の一挙公開!大徳寺 龍光院( MIHO MUSEUM)

春季特別展
「大徳寺 龍光院 国宝 曜変天目 と破草鞋」
3月21日(木・祝)~5月19日(日)
MIHO MUSEUM


えっ、あの曜変天目?
世界に3つしかないっていう、あの国宝の陶器?
「星の輝き」とか「虹色に変化する」とかいう
不思議な紋様のあるあの茶碗?
テレビの鑑定団で物議を醸したこともあるあの曜変天目?
それが観られるって?
しかも寺伝の名宝、奇跡の至宝が、初めて一挙公開されるの?
そのうえワーックショップじゃ「講演会」や「坐禅の会」もあるって、
面白そうじゃんっ!


MIHO MUSEUM(ミホ・ミュージアム)では、
3月21日(木・祝)~5月19日(日)までの期間、
春季特別展 「大徳寺 龍光院(りょうこういん)
国宝 曜変天目(ようへんてんもく)と破草鞋(はそうあい)」を開催する。
(以下、MIHO MUSEUMリリース資料より。)


慶長11年(1606)の大徳寺龍光院開創以来、
四百年に亘って大切に守られてきた
国宝「曜変天目」「密庵(みったん)墨蹟」や
重要文化財「柿・栗図(伝 牧谿(もっけい)筆)」「油滴天目」など、
寺伝の名宝が初めて一挙公開されます。
また、通常龍光院で行われている学びの会や坐禅の会などが、
展覧会の会期中に限りMIHO MUSEUMに場所を移して開催されます。

本展覧会は、開創以来脈々と受け継がれてきた禅の法燈、
大徳寺龍光院の歴史と今の姿に触れる千載一遇の機会となることでしょう。
※会期中一部展示替えあり

開催主旨
禅と茶の至宝、龍光院四百年の扉が開く

龍寶山(りゅうほうざん)大徳寺は、
嘉暦元年(1326)大燈国師・宗峰妙超(しゅうほう みょうちょう)によって
京紫野に開かれた臨済禅の大本山です。
その塔頭のひとつ龍光院は、
黒田長政が父・黒田孝高(よしたか、如水=じょすい、官兵衛)の菩提を弔うため、
龍光院二世の江月宗玩(こうげつ そうがん)(1574-1643)を実質的な開祖として、慶長11年(1606)に建立されました。

当時の龍光院は、高松宮好仁親王、小堀遠州、松花堂昭乗ら一流の文化人が集う寛永文化の発信地でした。
爾来 四百有余年その法燈を守り続け、開祖の教えを今に伝えています。

江月宗玩は大坂堺の豪商、天王寺屋・津田宗及(そうぎゅう)の次男として生まれました。
天王寺屋は津田宗柏によってその礎が築かれ、
その後、宗達、宗及、宗凡(そうぼん)の三代にわたって栄え、
堺を代表する豪商名家となりました。
宗及は織田信長と豊臣秀吉の茶頭(さどう)も務めています。
しかし江月の兄・宗凡は早逝、やがて大坂夏の陣が勃発し、放たれた火によって堺の町は灰燼に帰し、
繁栄を誇った天王寺屋も命運尽きたのでした。

このたび龍光院の全面協力を得て、
曜変天目、密庵(みったん)咸傑(かんけつ)や竺仙(じくせん)梵僊(ぼんせん)の墨蹟(以上国宝)、
柿栗図(伝 牧谿(もっけい)筆)、山水図(伝 馬遠(ばえん)筆)、油滴天目(以上重要文化財)など
江月によって奇跡的に守られた天王寺屋伝来の茶道具、
寛永文化の美を伝える江月所用の品や江月に帰依した所縁(ゆかり)の人々の文物、歴代寺伝の什物(じゅうもつ)などが初めて一挙公開されます。
あわせて、江月から脈々と受け継がれ、今に生きる禅の法燈、
龍光院の現在も紹介いたします。
本展は、龍光院開創以来四百年に亘り、
代々の住持が祈りの心で守り抜いてきた桃山から寛永、そして今に続く寺宝の全容が、初めて明かされる歴史的な展覧会となります。
一般の拝観を受け付けず、これまで目に触れる機会がほとんどなかった龍光院の至宝を、ぜひご覧ください。
※会期中一部展示替えあり


❖ 破草鞋(はそうあい)とは ❖
『枯⽊再び花を⽣ず-禅語に学ぶ⽣き⽅-』
 (細川景⼀著・2000.11.禅⽂化研究所刊)より
「草鞋」(そうあい)とはわらで編んだ履物、わらじの事です。
「草鞋を破る」と読めば草鞋をすり切らして⻑旅をする意、所謂「⾏脚」の事で、
名師を求めて諸⽅の禅寺を遍参して修⾏を積む事です。
「破れ草鞋」と読めば履き古されてすり切れ、
今は路傍の⽚すみに打ち捨てられて誰⼀⼈として⾒向きもしない破れわらじの意となります。
禅の修⾏は⼀切の妄想執着を断ち切って、真の「無⼀物」の境涯になりますが、
その妙境涯にもとどまる事なくそれを捨て去って、
学んだ法や修した道を少しもちらつかせることなく、
悟りだの、仏だの、禅だの、その影さえ窺い⾒る事が出来ない、
⾺⿅なのか利巧なのか、偉いのか凡夫なのかさっぱりわからない、
⻑屋に住む⼋つぁん、熊さんの⼿合と同じく、⼈知れず平々凡々、
⼀個の破れわらじのように、その存在すら知られずに⽣きていく消息こそが、
本当の禅僧の境涯だというのです。
他⼈から有り難がられるようでは未だ未だというわけです。
「破草鞋」が、
「閑古錐(かんこすい)――古びた錐(きり)」
「破沙盆(はさぼん)――こわれたスリバチ」
等々と共に禅⾨で重⽤されるのはその辺の理由からです。
臨済禅、⻩檗禅公式サイト臨⻩NETより転載http://rinnou.net/cont04/zengo/080901.html

春季特別展
「大徳寺 龍光院 国宝 曜変天目 と破草鞋」
3月21日(木・祝)~5月19日(日)
MIHO MUSEUM


❖ ⼤徳寺(だいとくじ)について ❖
臨済宗⼤徳寺派の⼤本⼭で⿓寶⼭(りゅうほうざん)と号する。
鎌倉時代末期の正和4年(1315)に⼤燈国師宗峰妙超禅師が開創。
室町時代には応仁の乱で荒廃し たが、⼀休和尚が復興。
桃⼭時代には豊⾂秀吉が織⽥信⻑の葬儀を営み、信⻑の菩提を弔うために総⾒院を建⽴、
併せて寺領を寄進、それを契機に戦国武将の塔頭建⽴が相次ぎ隆盛を極めた。
勅使⾨から⼭⾨、仏殿、法堂(いずれも重⽂)、⽅丈(国宝)と南北に並び、その他いわゆる七堂伽藍 が完備する。
⼭⾨は、⼆階部分が、千利休居⼠によって増築され、⾦⽑閣と称し、
利休居⼠の像を安置したことから秀吉の怒りをかい利休居⼠⾃決の原因となった話は有名。
本坊の⽅丈庭園(特別名勝・史跡)は江⼾時代初期を代表する枯⼭⽔。
⽅丈の正⾯に聚楽第から移築した唐⾨(国宝)がある。
⽅丈内 の襖絵⼋⼗余⾯(重⽂)はすべて狩野探幽筆である。
什宝には牧谿筆観⾳猿鶴図(国宝)、絹本着⾊⼤燈国師頂相(国宝)他墨跡多数が残されている。(10⽉第2⽇曜⽇公開)。
現在境内には、別院2ヶ寺、 塔頭22ヶ寺が甍を連ね、それぞれに貴重な、建築、庭園、美術⼯芸品が多数残されている。
⿓寶⼭ ⼤徳寺
京都府京都市北区紫野⼤徳寺町53
臨済禅、⻩檗禅 公式サイト 臨⻩NETより転載 http://www.rinnou.net/cont_03/07daitoku/

❖ 国宝「曜変天目」三碗同時期公開!❖
中国南宋時代(12-13 世紀)に、福建省の建窯(けんよう)で焼かれた天目茶碗を建盞(けんさん) と呼びます 。
曜変天目(耀変天目とも表記)は、大量に焼かれた建盞のうち、窯内で偶然に美しい結晶 が生じたものを指します。
唐物全盛の室町時代には、茶碗の中で最高峰に位置付けられました。
日本にのみ伝世する曜変天目のうち、大徳寺龍光院のほか、
静嘉堂文庫美術館と藤田美術館に所蔵される計三碗が国宝に指定されています。
2019 年春に開催される下記展覧会において、ほぼ同時期に三碗がそれぞれ展示されます。
MIHO MUSEUM では、会期中当館所蔵の耀変天目(重要文化財)も特別陳列(中国・西域展示室)いたします。

MIHO MUSEUM 3 月 21 日~5 月 19 日
「大徳寺龍光院 国宝曜変天目と破草鞋」
国宝 曜変天目 大徳寺龍光院
静嘉堂文庫美術館 4月13日~6月2日
「日本刀の華 備前刀」
国宝 耀変天目 静嘉堂文庫美術館
奈良国立博物館 4 月 13 日~6 月 9 日
「国宝の殿堂 藤田美術館展―曜変天目茶碗と仏教美術のきらめき―」
国宝 曜変天目茶碗 藤田美術館
≪ 3館を巡ると、半券提示により、2・3館目の入館料が割引されます ≫

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました