「大観と春草 ー東京画壇上洛ー」 (8/1-10/11)(福田美術館)

「大観と春草 ー東京画壇上洛ー」
2020年8月1日(土)~10月11日(日)
福田美術館

■□■ 福田美術館 「大観と春草 ー東京画壇上洛ー」 開催概要 ■□■

会期:2020年8月1日(土)~10月11日(日)(最終入館16:30)
   前期:8月1日(土)~ 8月31日(月)
   後期:9月2日(水)~ 10月11日(日) 
休館:毎週火曜日
料金:一般・大学生¥1,300(¥1,200)
   高校生¥700(¥600)
   小中学生¥400(¥300)
   障がい者と介添人1名まで ¥700(¥600)
   ※( )内は20名以上の団体
会場:福田美術館(〒616-8385 京都市右京区嵯峨天竜寺芒ノ馬場町3-16)
主催:福田美術館、京都新聞

————— プレスリリースより一部抜粋 —————

日本画壇の巨匠と言えば、誰もが横山大観の名を
思い浮かべるのではないでしょうか。彼の描いた
富士山の絵は、圧倒的な存在感をもって我々の記憶に
刻まれています。しかし、大観の画風は当初から大衆に
受け入れられたわけではなく、むしろ斬新すぎたため、
「伝統を台無しにしている」という批判も受けました。

これに対して大観は、盟友・菱田春草と共に西洋画や
琳派などの古美術研究に励み、新しい画風を確立していきます。

情熱的で感情派の大観に対して冷静で理知的な春草。
対照的な性格のふたりでしたが、美術学校の頃より
仲が良く、模写へ行く時も一緒でした。

後に大観が海外へ渡ることになっても春草に声をかけて
連れ立って行き、苦楽を共にしながら互いに成長します。

しかし春草は眼病を患った上、36歳という若さで
亡くなってしまいました。 1Fギャラリーでは絶筆と
なった屏風作品「早春」を展示予定。短くも画業に
心血を注いだ春草の軌跡や大観との友情、才能あふれる
2人の画家にフォーカスしその作品の魅力を伝えます。


「明治東亰恋伽」(通称:めいこい)とのコラボ

福田美術館で開催される「大観と春草 ー東京画壇上洛ー」展に合わせ、
株式会社MAGES.の人気メディアミックス作品「明治東亰恋伽」(通称:めいこい)
とのコラボレーションを実施いたします。
8月1日から10月11日の展覧会期間中に、コラボグッズの販売、
カフェでのコラボメニューの提供や、イベントの開催を予定しております。


テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました