column「京(みやこ)のくらし――二十四節気を愉しむ」(7/23-9/22) (京都国立近代美術館)

preview

京(みやこ)のくらし――二十四節気を愉しむ
2020年7月23日(木・祝)~9月22日(火・祝)
京都国立近代美術館

(picture)


これまで多くの芸術家たちが日本、とりわけ京都の「四季の移ろい」や「伝統」を題材として作品に著してきた。
確かに「二十四節気は、必ずしも今の季節感とは合わない」(池田祐子学芸課長)、


しかし、異常気象やコロナ禍、天変地異いろいろあっても、
春分や秋分、夏至や冬至など、四季の移り変わりと共に日々の暮らしは営まれている。
京都国立近代美術館『京(みやこ)のくらし――二十四節気を愉しむ』展では、
同館が所蔵する1万数千点の中から
「京都、日本をアピールする作品」
「暮らしの中で移り変わる季節を感じられる作品」が、今回展示されている。
約320点、日本画や油彩・水彩画をはじめ、彫刻、陶磁器、着物など、多岐にわたる。

「六月の声(声)」(関根勢之助)、「佳人好在」(川端龍子)、「祇園絵」(北沢映月)、「桃」(安井曾太郎)、「虹を見る」(上村松園)、「古稀彩弦月壷」(六代 清水六兵衛)、「友禅菊華文振袖」(三代 田畑喜八)、「三条大橋」(加藤源之助)、「冬朝」(堂本印象)、「二重富士」(池田満寿夫)、「残雪」(秋野不矩)、板谷波山、安藤緑山、熊谷守一、バーナード・リーチ、長谷川潔、竹内栖鳳・・・きりがない。うっかり見過ごしてしまわないよう気をつけなきゃ。


「京(みやこ)って良いな、日本って良いな」。
7月22日、プレス内覧会が開催され、池田祐子学芸課長から概要が説明された。
「日本人の暮らしと二十四節気との関わり、日本の伝統家屋、ヨーロッパとの違いなど、観るだけでなく作品を感じ取って頂きたい」。

幸いにも同展図録には、
「二十四節気」それぞれの説明や、主な展示作品の選ばれた理由などが解説されている。(P.209~)

 

京都国立近代美術館 コレクション・ギャラリー


2020年度 第2回コレクション展
2020年7月22日(水)~10月4日(日)
京都国立近代美術館4F コレクション・ギャラリー


京都国立近代美術館4Fのコレクション・ギャラリーでは、
「令和2(2020)年度 第2回コレクション展」が開かれている。

A. 西洋近代美術作品選(クロード・モネ)
B. 屏風祭(冨田溪仙、他)
C. #Stay_Connected つながるための場所(カレン・ノール、他)
D. 近代工芸の吉祥文(河井寛次郎、他)
E. 特集:樂直入(十五代吉左衛門)の『シリーズ盌 大地に眠る精霊たち』
F. 京の風景(田中善之助、他)
G. 東松照明「京まんだら」
 ※「京(みやこ)のくらし――二十四節気を愉しむ」展のスピンオフとして、同館が所蔵する東松照明による写真シリーズ「京まんだら」全75点を展示。


☆ 二十四節気 = (にじゅうしせっき)とは、1太陽年を日数(平気法)あるいは太陽の黄道上の視位置(定気法)によって24等分し、その分割点を含む日に季節を表す名称を付したもの。二十四気(にじゅうしき)ともいう。(ウィキペディアより。)

東松照明 = (1930-2012)名古屋市生まれ。岩波写真文庫のスタッフを経て、1950年代に写真家としての活動を始める。洗練された構図と鮮烈な色彩を持ちつつも、戦後日本及び日本人のあり方を深く問いかけるその作品は、後進に大きな影響を与え、今なお、世界で高く評価されている。(京都国立近代美術館リリース資料より。)

スピンオフ = (英: spin-off, spinoff)の語義としては、派生的に生じることや派生により生じた物、副産物などをさす。転じて各分野における特定の派生現象や派生物をさす。(ウィキペディアより。)

“Don’t Think. Feel!” = 映画「燃えよドラゴン」(ブルース・リー)。


テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました