column「瑞獣伝来」(9/12-10/18) (泉屋博古館) 足利将軍家も信長も秀吉も家康も

preview

虎鴞兕觥(こきょうじこう) 殷(前13~12世紀) 泉屋博古館


開館60周年記念特別展
「瑞獣伝来-空想動物でめぐる東アジア三千年の旅」
2020年9月12日(土) ~10月18日(日)
泉屋博古館


フムフム・・、この『雲龍図』(徳川美術館:前期展示)は足利将軍家、信長、秀吉、家康の手を経てきた、と伝えられているのか。
時の天下人が大切にしてきたものなら、じっくり観なきゃ。

吉祥をもたらすといわれる「瑞獣」(ずいじゅう)、をモチーフとした
『瑞獣伝来-空想動物でめぐる東アジア三千年の旅』展が泉屋博古館で開催されている。

今年開館60周年を迎える泉屋博古館。『瑞獣伝来』展では、
いろいろな「瑞獣」の中から「鳳凰」「龍」「虎」をフィーチャーしている。
紀元前1300年、今から3000年ほど前の殷時代の青銅器から中世、近代の美術工芸品まで、
瑞獣と人々との歴史を辿る。

「古代中国では、為政者の徳は天と密接な関係をもち、
徳の高い聖人が善政を行えば様々な祥瑞が現われ、
反対に悪政を行えば災異が下されて天から警告を受けるものと考えられた」と山本尭学芸員。
コロナ禍の今はどんな瑞獣が現れるのか。


なお『瑞獣伝来』展の図録では、龍、虎、鳳凰について歴史を追って分析している。
展示作品の拡大写真も掲載し、そのデザインに秘められた謎の内容や意味をわかりやすく解説している。
また同図録では、小南一郎名誉館長が「麒麟」について詳しく触れている。
どんな時に麒麟がくるのだろう。ヒントがあった。


テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました