pic「今森光彦展 いのちめぐる水のふるさと -写真と切り絵の里山物語- 」(6/24-9/5) (佐川美術館)

pick out

↑ 《朝焼けの船着き場》 ©Mitsuhiko Imamori


今森光彦展
いのちめぐる水のふるさと -写真と切り絵の里山物語-

2021年06月24日(木)~09月05日(日)
佐川美術館

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、休館日や営業時間を変更する場合がございます。
ご来館前にホームページをご覧ください。

佐川美術館 (所在地:滋賀県守山市) では、
夏季展覧会として
「今森光彦展 いのちめぐる水のふるさと -写真と切り絵の里山物語-」
を開催いたします。

人と自然が共生する「里山」。
その中で生み出される豊かな営みを見つめ続けてきた
写真家・今森光彦さん。

滋賀・湖西地域の仰木地区の一画、
琵琶湖を望む田園風景の中にアトリエを構え、
四季折々に移り変わる
田んぼや里山に集まる生き物を撮り続けてきました。

また、蝶や鳥、植物をモチーフに、
精緻で生き生きとした作品をつくる
切り絵作家としても知られており、
深い洞察力により、
たった一本のはさみから生み出される作品は、
生き物の力強さや
植物の鮮やかさが表現されています。

本展では、
里山に暮らす今森さんのライフスタイルの紹介をおりまぜながら、
写真と切り絵で里山の魅力に迫ります。
さらに、「水」をテーマに、
琵琶湖を中心に滋賀を取り巻く琵琶湖水系に着目し、
そこにまつわる生き物や暮らしを合わせて紹介します。
自然とそこに暮らす人々がつながる美しい里山の景色と、
身近な自然と関わりながら暮らす喜びや魅力をお楽しみください。


(画像の複製は禁止されています。)

《大津市仰木地区に広がる棚田》 ©Mitsuhiko Imamori


《田んぼから顔を出したトノサマガエル》 ©Mitsuhiko Imamori


《キアゲハ》 ©Mitsuhiko Imamori


《カリン茶》 ©Mitsuhiko Imamori


《ヤツガシラとジギタリス》 ©Mitsuhiko Imamori


《朝焼けの船着き場》 ©Mitsuhiko Imamori

作家紹介
今森光彦 (いまもり みつひこ 1954- )

滋賀県生まれ。写真家・切り絵作家。
大学卒業後独学で写真技術を学び
1980 年よりフリーランスとなる。
琵琶湖をのぞむ田園風景の中にアトリエを構え活動する。
自然と人との共存を里山というキーワードで表現し続けている。
写真集や写真絵本など、数多くの著書がある。
第 20 回木村伊兵衛写真賞、
第 28 回土門拳賞をはじめ、
第 48 回毎日出版文化賞、
第 42回産経児童出版文化賞大賞、
第 56 回小学館児童出版文化賞
など数多くの賞を受賞。
NHK テレビ番組でも、
その活動や里山での暮らしぶりが多数紹介されている。

☆ 木村伊兵衛写真賞と土門拳賞 = 日本の近代リアリズム写真を代表する写真家・木村伊兵衛(きむらいへい)と土門拳(どもんけん)にちなんで設立された賞。木村伊兵衛写真賞が「写真界の芥川賞」、土門拳賞は「写真界の直木賞」と呼ばれることがある。両賞とも受賞する写真家は、現在までに今森光彦さん含む 3 人のみである。

みどころ

失われつつある日本の原風景・里山

日本の原風景の一つといわれる里山。
里山とは、原生的な自然と都市との中間に位置し、
集落や二次林、農地、ため池などで構成される場所のことで、
国土の約 4 割を占めていると言われています。
里山は、長い時間をかけて
人々が自然と寄り添いながら作りあげてきた場所です。
もともとある自然に人工的に手を加えながら、
人々とその土地の生態系とが共存してきた里山には、
様々な生き物が生息し、あらゆる文化が根付いています。
今森さんは、里山を長年自身の目で見つめ、
そこから見える真実を写真に残してきました。
今森さんの目で捉えた
里山が見せる四季折々の表情を、作品を通してご覧ください。
また、今森さんは自身で荒れ地を開墾し、
農地を”人と生き物が触れ合える場所“として蘇らせようと
里山再生の活動にも取り組んでいます。
自身で環境農家と名乗る今森さん。
自身のアトリエの場所や、開墾した農地一帯は
「光の田園」と名付けられています。
本展では、
光の田園における今森さんの挑戦の軌跡をあわせてご紹介します。

<以上、佐川美術館リリース資料より>

イベント情報

(参加方法に関しては各プログラムで異なります。佐川美術館のホームページで必ずご確認ください。)

■今森光彦さんアーティストトーク
【開催日】 7/17(土)「小さな里山をつくる-オーレリアンの庭の蝶-」
【開催日】 8/7(土)「琵琶湖水系の自然」
両日ともに
【時間】 14:00~ (60~90 分)
【会場】 佐川美術館 樂吉左衞門館ロビー
【定員】 50 名
【対象】 全年齢(小学校高学年以上推奨)
【料金】 無料 ※ただし、入館料は必要

■ワークショップ

☆ 切り紙ワークショップ(要予約)
【開催日】 6/27(日)、8/17(火)
「今森光彦さんと切り紙にチャレンジ!」
両日ともに
【講師】 今森光彦さん
【時間】 10:30~、14:00~ (60~90 分)
【会場】 佐川美術館
【定員】 各 15 名
【対象】 小学生~中学生(要保護者同伴)
【料金】 300 円

☆ バードコールワークショップ(要予約)
【開催日】 8/5(木)
「オリジナルのバードコールをつくろう!」
【講師】 佐川美術館スタッフ
【時間】 10:30~、14:00~ (60 分)
【会場】 佐川美術館
【定員】 各 15 名
【対象】 5 歳~中学生(要保護者同伴)
【料金】 300 円


テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました