pic「京(みやこ)の国宝」(7/24-9/12) (京都国立博物館)

pick out

↑ 国宝 風神雷神図屏風(右隻)俵屋宗達筆 江戸時代(17世紀) 京都・建仁寺蔵 (8月24日~ 9月5日展示)


特別展
みやこの国宝―守り伝える日本のたから―
会期 2021年7月24日(土)~9月12日(日)

前期展示:2021年7月24日(土)~8月22日(日)
後期展示:2021年8月24日(火)~9月12日(日)
※一部の作品は上記以外にも展示替を行います。

京都国立博物館 平成知新館

展覧会の見どころ

至高の文化財を数多く守り伝えてきた、
山紫水明の古都、京都。
本展では、
京都の自然や文化が育んだ国宝、
京都とゆかり深い皇室の名宝などを多数展示し、
いにしえ人の美意識や歴史に触れつつ、
私たちの社会と文化財の大切なつながりを紐解きます。

あわせて、調査研究や防災、修理をはじめ、
文化財の継承に欠かせない様々な取り組みも紹介します。

<京都国立博物館HPより>

(画像の複製は禁止されています。)

国宝 梵天坐像 平安時代(9世紀) 京都・東寺(教王護国寺)蔵 (通期展示)


国宝 御堂関白記 自筆本 寛弘元年上巻(部分) 平安時代(10~11世紀) 京都・陽明文庫蔵 (通期展示<寛弘元年上巻は前期展示>)


玉泉帖(部分) 小野道風筆 平安時代(10世紀) 宮内庁三の丸尚蔵館蔵 (後期展示)


国宝 山科西野山古墓出土品のうち金装大刀 奈良~平安時代(8~9世紀) 京都大学総合博物館蔵(通期展示)


国宝 太刀 銘久国 鎌倉時代(13世紀) 文化庁蔵 (通期展示)


国宝 十二天像のうち水天 平安時代 大治2年(1127) 京都国立博物館蔵 (通期展示<水天は前期展示>)


国宝 本宮御料古神宝類のうち山水蒔絵箏 平安時代(12世紀) 奈良・春日大社蔵 (後期展示)


国宝 法然上人絵伝 巻九(部分) 鎌倉時代(14世紀) 京都・知恩院蔵 (通期展示<巻九は後期展示>)


春日権現験記絵 巻二(部分) 絵:高階隆兼筆 詞書:鷹司基忠ほか筆 鎌倉時代 延慶2年(1309)頃 東京・宮内庁三の丸尚蔵館蔵 (通期展示<巻二は前期展示>)


国宝 天橋立図 雪舟筆 室町時代(16世紀) 京都国立博物館蔵 (前期展示)


国宝 松に秋草図屏風 長谷川等伯筆 桃山時代 文禄元年(1592)頃 京都・智積院蔵 (前期展示)


国宝 風神雷神図屏風(右隻)俵屋宗達筆 江戸時代(17世紀) 京都・建仁寺蔵 (8月24日~ 9月5日展示)


「※前期 7月24日(土)~8月22日(日) /
 後期 8月24日(火)~9月12日(日)」

(スケジュールは変更になる場合もあります。必ず京都国立博物館HPでご確認ください。)

記念講演

① 7月24日(土)
「彫刻修理の歴史と現状」
 講師:奥 健夫(文化庁文化財第一課 主任文化財調査官)

② 7月31日(土)
「国宝・重要文化財の指定─書跡・典籍、古文書を中心に─」
 講師:藤田 励夫(文化庁文化財第一課 主任文化財調査官)

③ 8月7日(土)
「京の国宝─日本の文化財保護のあゆみと京都─」
 講師:森 道彦(京都国立博物館 研究員)

④ 8月21日(土)
「京の国宝─流転する工芸─」
 講師:末兼 俊彦(京都国立博物館 主任研究員)

⑤ 8月28日(土)
「京の国宝─絵画の美と評価の歴史─」
 講師:井並 林太郎(京都国立博物館 研究員)

⑥ 9月4日(土)
「今日の文化財保存技術─装潢修理、特に紙を中心に─」
 講師:地主 智彦(文化庁文化財第一課 文化財調査官)

【時  間】13:30~15:00
【会  場】平成知新館 講堂
【定  員】各100名
※適切な間隔を保つため、定員100名(通常の半数)にて実施いたします。
※抽選による座席指定制です。応募方法は下記のとおりです。
【料  金】聴講無料(ただし、講演会当日の本展覧会観覧券が必要)
【応募方法】はがきかファクス(06-6366-2370)に、代表者の郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号と同伴者(1名まで)の氏名、年齢、参加希望日を書いて「〒530-8551(住所不要)読売新聞大阪本社文化事業部「京の国宝」講演会係」へご応募ください。
5月中旬以降より、展覧会公式サイトからもお申し込みいただけます(予定)。

※はがき1枚につき1講演会のお申し込みとなります。①、②は6月30日(水)必着、③、④、⑤は7月9日(金)必着、⑥は8月10日(火)必着です。応募多数の場合は抽選となります。当選された方には、①、②は7月10日(土)、③、④、⑤は7月20日(火)、⑥は8月20日(金)までに参加証をお送りします。
※講演会に参加される方は、日時指定券は不要です。聴講の際は、南門チケット売場にて参加証をご提示いただき、当日観覧券をご購入の上、開始時間前までにご入館ください。
※熱で消せるボールペン(フリクションボールペン等)は使用しないでください。
※お預かりした個人情報は、本展記念講演会の連絡のみに使用します。



テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました