pic「ゆかた 浴衣 YUKATA すずしさのデザイン、いまむかし」(6/5-7/19) (泉屋博古館)

pick out

特別展
「ゆかた 浴衣 YUKATA すずしさのデザイン、いまむかし」

2021年6月5日(土) ~7月19日(月)

前期:6月5日(土) ~6月27日(日)、
後期:6月29日(火) ~ 7月19日(月)

泉屋博古館

和装離れが進む現代においても、
ファンを増やしているのが夏の涼衣、ゆかたです。
ゆかたは、
江戸時代に入浴後のくつろぎ着として着られるようになり、
やがて夏の気軽な外出着として定着しました。

本展では、
江戸から昭和にいたるゆかたをはじめ、
染めに使われる型紙や当時の風俗を描く浮世絵など、
素朴でありながら繊細さを兼ね備えたゆかたの魅力を、
デザイン性と遊びの要素から紐解きます。(展示替えあり)

<泉屋博古館HPより>

チケット・プレゼント
プレゼント応募ボタン
5組10名様) (締切6月12日)


<画像の複製は禁止されています。>
.


1.紺木綿地団扇模様浴衣_大正~昭和時代(20世紀前半)_東京都江戸東京博物館蔵


2.白麻地紅葉筏模様浴衣_江戸時代(18世紀前半)_個人蔵


3.紺木綿地立浪文字模様浴衣_明治~大正時代(20世紀前半)_個人蔵


4.白麻地槍梅若松模様浴衣_江戸時代(18世紀後半)_東京国立博物館蔵 Image : TNM Image Archives


5.白紅梅織地朝顔麻葉模様浴衣_昭和時代(20世紀前半)_東京都江戸東京博物館蔵


6.豊原国周《東京三十六会席 日本橋都 仲吉》_明治4年(1871)_個人蔵


7.岡田三郎助《五葉蔦》_明治42年(1909)_泉屋博古館東京蔵


8.白木綿地麻葉模様浴衣_昭和時代(20世紀前半)_東京家政大学博物館蔵


9.三代歌川豊国(国貞)《四条河原夕涼之図》_江戸時代 嘉永2年(1849)_個人

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました