pic 特別展「揚州八怪」(6/12-8/15) (大阪市立美術館)

pick out


中国の清時代18世紀・揚州で活躍した書画家の作品が大阪に集結
特別展「揚州八怪」
2021年6月12日(土)~8月15日(日)
前期/6月12日~7月11日、
後期/7月13日~8月15日
※会期中展示替えがあります
大阪市立美術館

【公式ホームページ】https://yoshu8.com


「揚州八怪」(ようしゅうはっかい)は、

中国の清時代18世紀に揚州という都市を舞台に活躍した、
個性豊かな書画家8人をまとめた呼び名です。

塩商の活躍によって経済的に活況を呈した揚州には、
たくさんの芸術家が集い、競うようにその才能を開花させました。
書画の分野では、
古典に学びながらも新鮮な感覚を示す者たちが多くあらわれました。
後世の批評家はそのうちの代表的な8人を選び、
伝統にとらわれない異才を称えて “八怪” と呼びました。

「揚州八怪」とされる書画家は、批評家によって選んだ8人が異なるため、
金農(きんのう)、鄭燮(ていしょう)を筆頭に、
黄慎(こうしん)、李鱓(りぜん)、李方膺(りほうよう)、
汪士慎(おうししん)、高翔(こうしょう)、羅聘(らへい)、
高鳳翰(こうほうかん)、陳撰(ちんせん)、華嵒(かがん)、
辺寿民(へんじゅみん)、楊法(ようほう)、閔貞(びんてい)、李葂(りべん)
と実に15人の名が挙げられます。

本展では、彼らのうち12人の作品を集め、
その斬新で個性豊かな魅力をご紹介いたします。

<大阪美術館リリース資料より>

<画像の複製は禁止されています。>
.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

概 要

揚州八怪は、
清時代18世紀に揚州という都市を舞台に、
先進的で個性あふれる創作をおこなった書画家たちであり、
後世の批評家が選んだ8人の呼び名です。

日本において
揚州八怪の芸術がまとまった形で紹介された機会はごくわずかであり、
大阪市立美術館では1969年以来、じつに52年ぶりの開催となります。

揚州八怪の魅力は、
洗練された筆墨による創意あふれた制作はもちろんのこと、
ときに挫折や身の不自由に苦しみながら、
それらを芸術に昇華していった各個の人間性にあります。
本展では、日本国内に収蔵される関係作品を含めた73件と、
中国屈指の収蔵を誇る上海博物館の協力のもと、
精細な画像によって八怪の名品を補い、
揚州八怪の全容に迫りたいと思います。
中国書画の伝統を近代まで切り開いた先進的な彼らの芸術を、
この機会に存分にお楽しみいただければ幸いです。

<大阪市立美術館HPより>

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました