pic「奈良博三昧 -至高の仏教美術コレクション-」(7/17-9/12) (奈良国立博物館)

pick out

特別展
奈良博三昧
-至高の仏教美術コレクション-

令和3年(2021)7月17日(土)~9月12日(日)

前期:7月17日(土)~8月15日(日)
後期:8月17日(火)~9月12日(日)

奈良国立博物館 東・西新館

(公式サイト)


<画像の複製は禁止されています。>
.


国宝 刺繍釈迦如来説法図(部分) 奈良時代または唐時代(8世紀) 前期


国宝 金光明最勝王経 巻第十(国分寺経) 奈良時代(8世紀) 10巻半期ずつ


重要文化財 弥勒如来坐像(長崎県鉢形嶺経塚出土) 平安時代 延久3年(1071) 後期


獅子 鎌倉時代(13世紀) 後期


金銅三鈷杵  平安時代(12世紀) 通期


国宝 辟邪絵のうち 毘沙門天像(部分) 平安~鎌倉時代(12世紀) 後期


国宝 薬師如来坐像  平安時代(9世紀) 通期


伽藍神立像  鎌倉時代(13世紀) 通期


重要文化財 愛染明王像坐像  鎌倉時代  建長8年(1256) 通期


国宝 十一面観音像  平安時代(12世紀) 前期


奈良国立博物館は、
豊かな仏教文化が花開いた古都奈良の地、
東大寺、興福寺、春日大社に囲まれた一角に位置します。
明治28年(1895)にわが国2番目の国立博物館として開館して以来、
近隣の社寺とも協力しながら、
仏教美術を中心とした文化財の展示公開とともに
調査・研究・収集・保存を行っており、
全国の仏教美術ファンから
「奈良博(ならはく)」の愛称で親しまれてきました。

約2千件を数えるコレクションの多くが
仏像、仏画、古写経、仏教工芸などの優品で占められており、
質・量ともに「仏教美術の殿堂」と呼ぶにふさわしい内容を誇っています。

本展では、
奈良博コレクションの中から選りすぐった
合計245件(うち国宝13件、重文100件 ※国宝は全て出品)
の作品によって、日本仏教美術1400年の歴史をたどって行きます。
展示は全10章からなり、
日本仏教の黎明期である飛鳥・白鳳・天平寺院の遺宝、
密教や浄土教が生み出した
仏像・仏画、日本の神々とほとけが織りなす神仏習合の造形、
日本仏教を支えた高僧の肖像と書、
奈良の地とゆかりが深い仏教美術など、
各時代にわたる名品によって構成されています。

「三昧(ざんまい)」とは、
一つの対称に心を集中することを意味する仏教由来の言葉。
熱心にほとけの姿をみることを
特に「観仏三昧(かんぶつざんまい)」と呼びます。
ぜひ本展を通じて、
奈良博の仏教美術コレクションの魅力を心ゆくまでご堪能ください。

<奈良国立博物館HPより>


テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました