pic「絵でみる百人一首と枕草子」(1/29-4/10) (嵯峨嵐山文華館)

pick out

絵でみる百人一首と枕草子

2022年1月29日(土)~ 2022年4月10日(日)

嵯峨嵐山文華館

————— プレスリリースより —————

2022年2月、嵯峨嵐山文華館にて
競技かるた界を牽引するトップ選手たちが集う大会
「第3回 ちはやふる小倉山杯」
を開催するにあたり、

企画展「絵でみる百人一首と枕草子」
を実施いたします。

百人一首ゆかりの作品を通じて
殿上人たちの感性に触れていただくとともに、
百人一首に選ばれた歌人の一人である清少納言に因み、

「枕草子」
の世界を想起させるような
日本画の数々もお楽しみいただけます。

<嵯峨嵐山文華館リリース資料より>


作品数 

○ 前期:16点 → うち初公開5点
○ 後期:17点 → うち初公開2点
○ 通期:21点 → うち初公開4点
○ 作品総数:54点

殿上人たちの感性に触れる

百人一首の撰者、藤原定家の山荘があったとされる小倉山。
その麓に位置する嵯峨嵐山文華館では、
百人一首の歴史や魅力を紹介するとともに、
日本画を中心とした企画展を年4回開催しております。

本展の第一章では、藤原定家の直筆と伝わる「小倉色紙」や、
江戸時代の公卿たちが古の詩歌をしたためた色紙から成る
「和漢朗詠集・古今集色紙貼交屏風」をはじめ、
百人一首や和歌に因んだ作品や歌仙絵などを展示いたします。

「枕草子」を想起させる日本画

「枕草子」は
百人一首に選ばれた歌人の一人である清少納言が、
機知に富んだ簡潔な文章で宮廷生活での体験を生き生きと綴った随筆です。

2F畳ギャラリーでは、

冒頭の有名な「春はあけぼの」をはじめ、
各段のシーンを彷彿とさせるような日本画の名品をご紹介いたします。

競技かるた界を牽引するタイトル保持者やA級優勝者たち8名が、男女を問わず百人一首の聖地である嵯峨嵐山文華館に集結し、対戦します。

日時:2022年2月20日(日) 10:00~17:30
主催:一般社団法人 全日本かるた協会
共催:公益財団法人 小倉百人一首文化財団  一般社団法人 ちはやふる基金

<画像の複製は禁止されています!>


伝 藤原定家「小倉色紙 はなさそふ」福田美術館蔵(前期)


神坂雪佳「紫式部」(古聖帝名臣画冊 部分)福田美術館蔵(通期)


伊藤小坡「草紙洗小町之図」福田美術館蔵(通期)


菊池契月「かづけもの」福田美術館蔵(通期)


尾形乾山「三十六歌仙絵 伊勢」福田美術館蔵(通期)


横山大観「春曙」福田美術館蔵(通期)


小林古径「桃実」福田美術館蔵(後期)


入江波光「青梅に仔雀」福田美術館蔵(通期)


冷泉為恭「春秋野遊山行之図」(右幅)福田美術館蔵(後期)


伊藤小坡「雪の朝」福田美術館蔵(前期)


原在中「葵祭図巻」(下巻 部分)福田美術館蔵(通期)


会期:2022年1月29日(土)~ 4月10日(日)
    前期:1/29~3/7  後期:3/9~4/10
    10:00~17:00(最終入館16:30)
休館:毎週火曜日

料金<嵯峨嵐山文華館>
   一般・大学生¥900(800)/高校生¥500(400)/小中学生¥300(250)
   障がい者と介添人1名まで各¥500(400)
   ※( )内は団体料金
   <福田美術館との二館共通券>
   一般・大学生¥2,000/高校生¥1,000/小中学生¥550
   障がい者と介添人1名まで各¥1,000

会場嵯峨嵐山文華館(〒616-8385 京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町11)
   https://windam.smartseminar.jp/cc/0o4Y5cz60w12PpC2a
主催:嵯峨嵐山文華館
後援:京都府・京都市教育委員会・京都商工会議所

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました