pic「新収蔵記念:岸田劉生と森村・松方コレクション」(1/29-3/6) (京都国立近代美術館)

pick out

「新収蔵記念:岸田劉生と森村・松方コレクション」

2022年1月29日(土)~3月6日(日)

京都国立近代美術館


京都国立近代美術館は2021年3月、
岸田劉生(1891~1929)の作品42点を一括収蔵いたしました。

全てひとりのコレクターの所蔵品で、
うち29点を購入、13点を寄贈いただきました。
これにより当館所蔵の岸田劉生作品は
油絵24点、水彩画6点、日本画9点を含む約50点となりました。

点数が充実しただけではありません。
劉生画業の初期から晩年まで各時期の画風をそろえ、
その流れをたどることができるだけでなく、
自画像・肖像画・宗教画・風景画・静物画・風俗画(芝居絵)
といった各領域を網羅し、
版画や彫刻をも含めた
劉生の創作活動全体を展望できる内容となったのです。

このたびの新収蔵を記念して開催する本展覧会では、
当館所蔵の岸田劉生作品を全てまとめて公開するとともに、

《外套着たる自画像》《舞妓図(舞妓里代之像)》
《大連星ヶ浦風景》等の旧蔵者だった森村義行と、
その弟で《壜と林檎と茶碗》の旧蔵者であった松方三郎や、
劉生の最大の支援者だった芝川照吉にも着目し、

劉生の顕彰における
こうしたコレクションの役割をも振り返ります。

<京都国立近代美術館リリース資料より>

劉生の短いながらも多彩な画業の変遷は、住所が変化に応じて5つの時代に分けることができます。
銀座時代、代々木・駒沢時代、鵠沼(くげぬま)時代、京都時代、鎌倉時代です。
新収蔵品によってその流れをたどってみましょう。

<画像の複製は禁止されています!>

(すべて、京都国立近代美術館蔵)

東京の銀座に生まれました。 父の岸田吟香(ぎんこう)は、目薬を販売しながら東京日日新聞の記者としても活躍した人です。
少年時代に両親を亡くした流星は、初め牧師を志し、やがて画家志望に転じて17歳のとき白馬会葵橋洋画研究所に学びました。 

白馬会展と文展に入選して外光派として歩み始めたかに見えましたが、1911年、文芸誌『白樺』を読んでポスト印象派を知り、バーナード・リーチや武者小路実篤と出会い、ゴッホやセザンヌの影響の色濃い作品を制作するようになりました。

1912年、同志とともに ヒュウザン会(翌年からはフュウザン会)を結成し、劉生は一躍、日本近代における非自然主義絵画の旗手となりましたが、翌年頃には早くも「近代といふものの誘惑を卒業」。
あらためて写実を探求し直し、デューラーやファン・エイクの画風を慕って「クラシックの感化」を受けた人物画を制作するようになりました。

ポスト印象派に感化され、ゴッホ風の絵を描こうとした時期の代表作。
劉生初期の名作として画集や展覧会にたびたび登場したが、
ここ40年くらいはほぼ門外不出となっていた「幻の名作」。

劉生は、鏑木清方に日本画を学んでいた小林蓁(しげる)と結婚し、代々木へ転居しました。自画像や親友の肖像画を数多く制作しながら写実を追求していた彼は、デューラーやファン・エイクに興味を持ち始め、今度は「クラシックの感化」を受けました。
熱心なキリスト教徒でもあり、ウィリアム・ブレイクに倣ったような宗教画も盛んに制作しました。

愛娘の麗子が誕生したのは翌1914年ですが、この前後から彼は代々木の風景をたびたび描くようになりました。
当時の代々木は郊外で、赤土を踏み固めただけの道路には草が生えていましたが、劉生はその草と土の生命力に心惹かれたのです。
この新画風は椿貞雄や中川一政をはじめ若い画家たちに熱烈に支持され、1915年の「草土社」結成に繋がりました。

このとき劉生とその仲間たちを金銭と心理の両面から支援したのが芝川照吉です。
戸外で風景写生に没頭した劉生は、疲労によるものか肺結核と診断されたため、1916年、療養のため駒沢へ転居しました。

宗教画題における代表作。聖母を描いたと考えられ、本作の下絵は東京国立近代美術館の所蔵。

療養のため温暖な鵠沼へ転居した劉生は、しばらくは自宅療法に専念し、静物画の制作に務めました。
その甲斐あって健康を回復した彼は、旺盛な制作を続け、裕福な支援者にも恵まれた状況下、次第にキリスト教徒としての禁欲生活を離れ、酒を嗜み、歌舞伎や文楽に夢中になり、古画の蒐集に没頭するようになりました。

とはいえ、この鵠沼時代は劉生の絵画制作が最も盛んだった時代です。
静謐な静物画や、鵠沼の明るい風景画、浮世絵風の芝居絵など多彩な展開を見せましたが、中でも注目に値するのは、愛娘の麗子を描いた数多くの作品群です。
対象への愛の深まりが写実性の深みを増した、とも評される、麗子をモデルにした数々の名作がこの時期に最も多く制作されました。

代々木時代の<壺>(  1916年4月、下関市立美術館蔵)、
駒沢時代の<壺の上に林檎が載って在る>(1916年11月、東京国立美術館蔵)に続く、
壺を主題とした作品の三作目。
静謐な画面に「実在の力」「存在の神秘」が表される。

林檎や壺だけを描いていた劉生の静物画における新展開の始まり。
これを機にモティーフの種類も数も多彩なものとなる。

数多い麗子像の中でも特異な作品。
裸の麗子像は油彩には例がなく水彩画も知られる限りこれが唯一の作例。
裸身と赤い裳の鮮やかな対比は中世の聖徳太子二歳立像から着想を得たと伝えられ、鵠沼時代後半の、西洋から東洋への関心の移行をよく表している。

関東大震災の直後、劉生は一家で名古屋へ避難したのち、京都の岡崎公園の南にある南禅寺草川町へ転居しました。
彼は日記に
「京の春は又なく美くしい。まるで浮世絵である」
と書いたほど、京都を愛しました。

この京都で彼は、美術家や文人、古美術商との交際に明け暮れ、古画の蒐集に没頭して借財を重ね、ついには祇園の茶屋遊びにのめり込んで「一大放蕩児」と化してしまったことで有名です。
日本画制作が盛んになった反面、油彩画制作は極端に停滞しましたが、むしろ「鑑賞と著述の時代」という側面があり、初期肉筆浮世絵や歌舞伎の研究を通して東洋・日本の芸術の特質を「卑近美」に見出し、それを「デロリ」と形容したことでも知られます。

京都時代の数少ない油彩画のひとつ。
劉生の生涯の友である武者小路実篤が
「鵠沼時代の傑作と言われる麗子像より、うまさと、鋭さとでは一歩進んでいる」
と称賛した作品であり、「デロリ」の美学を象徴する京都時代の名作。

なお、劉生のお気に入りの舞妓は花菊だったが、好きな相手では手も握れなかった彼は、花菊にモデルを依頼できないまま、里代にモデルを依頼したと伝えられている。
祇園の茶屋における彼の遊蕩の実態を伝える点でも興味深い。

京都における遊蕩三昧の生活を反省し、東京の画壇からの孤立を後悔した劉生は、一家で鎌倉へ移転しました。
1929年、洋画家としての心機一転を図ってヨーロッパ旅行を願望した劉生は、その資金を稼ぐため満州へ行くことを企て、南満州鉄道にいた旧知の松方三郎の助力を得て大連に滞在しました。
しかし、疲労と暴飲で体を壊して約2ヶ月で急遽帰国。
同年12月20日、静養のため帰途に滞在していた山口県徳山において短い生涯を終えました。

大連滞在中に制作された風景画連作は、愛娘の岸田麗子が
「父の全作品を通じて、こんなにも明るい時はなかったといえるほど、かげりのない明るい作品」
と述べたように、明澄な色彩と柔らかな筆致による秀作ばかり。

中でもこの大作は清々しく晴れやかな色彩表現で印象深く、武者小路実篤が
「劉生自身の味がぴったり出ている」
と述べたように、晩期の風景画の中で最も高く評価されてきた。

<「作品解説」や「みどころ」等はすべて京都国立近代美術館リリース資料より。>


初期の代表作《外套着たる自画像》
静物画の名作「壺」を描いた三部作の最後の作品《壺》
京都の南禅寺草川町に移り住んでいた時期の名作《舞妓図(舞妓里代之像)》
晩年の明るい色彩が印象的な作品《大連星ヶ浦風景》
など全42点を中心に、
劉生以外の関連作品を含む約80点を展示します。

このたびの新収蔵作品42点(うち1点は表・裏2面からなるため画面数は43面)のほか、
既に収蔵していた作品8点、寄託作品等5点を合わせた55点を一挙に展示します。

油彩画・水彩画・日本画・素描だけではなく版画・彫刻にまでまたがり、
自画像・肖像画・宗教画・風景画・静物画・風俗画(芝居絵)
など各領域を網羅しているだけではなく、
劉生の画業における初期から晩期まで(「銀座時代」「代々木・玉川時代」から「鵠沼時代」を経て「京都時代」「鎌倉時代」まで)、
各時期の代表作を含んだコレクションにより、彼の画業全体を展望します。

展覧会名 「新収蔵記念:岸田劉生と森村・松方コレクション」
会期 2022年1月29日(土)~2022年3月6日(日)
開館時間 午前9時30分~午後5時(金・土曜日は午後8時まで)
*入館は閉館の30分前まで
*新型コロナウイルス感染拡大防止のため、開館時間等は変更となる場合があります。来館前に最新情報をご確認ください。

休館日 月曜日
観覧料 一般:1,500円(1,300円)
    大学生:1,100円(900円)
    高校生:600円(400円)
※( )内は前売および20名以上の団体
※中学生以下は無料。 ※心身に障がいのある方と付添者1名は無料
※母子家庭・父子家庭の世帯員の方は無料*。

*入館の際に証明できるものをご提示ください。
※本料金でコレクション展もご覧いただけます。

会場 京都国立近代美術館
主催 京都国立近代美術館、毎日新聞社、京都新聞、NHK京都放送局
HP https://www.momak.go.jp/

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました