pic「バンクシー&ストリートアーティスト展 ~時代に抗う表現者の声よ響け」(3/12-6/12) (佐川美術館)

pick out

バンクシー&ストリートアーティスト展 ~時代に抗う表現者の声よ響け
2022年03月12日(土)~2022年06月12日(日)
佐川美術館

1970年代、ニューヨークのダウンタウンを舞台に描かれたグラフィティ(落書き)に起源をもつストリートアート。

当時、貧困やベトナム戦争、ギャングの抗争など社会不安の渦巻くなか、若者たちは街中の建物に社会への反発のメッセージを縦横無尽に描きました。
人種差別など社会に対する「反抗の文化」と呼ばれるヒップホップ文化において、
グラフィティはブレイクダンスやDJなどと共に生み出されたものなのです。
一大社会現象となったグラフィティの勢いはとどまることを知らず、やがて世界を席捲することになります。

ストリートアートの申し子・バンクシー。
イギリスを拠点に活動する謎多きアーティストは、
建物の壁や動物園、ホテルなどあらゆる場所に突如として現れた作品から、
時に「芸術テロリスト」とも称され、今や世界的に注目を集めています。
政治的なメッセージ、社会への風刺が含まれたダークユーモアな表現は大きな反響を呼び、
多くのメディアに取り上げられたことから、
バンクシーの名前は誰もが聞いたことがあるというように、今や時代の”ポップアイコン”となりつつあります。

本展ではこれまであまり注目されることのなかったグラフィティ文化の潮流や、
ストリートアーティストたちによる様々な表現技法をクローズアップし、
バンクシーを入り口にストリートアートの本質に迫ります。

見どころ

■話題のバンクシー作品約60点以上が勢ぞろい

バンクシーが人気を集める理由の一つとして挙げられるのが、その独特なブラックユーモアのセンスです。
作品には当時の政治に対する批判や風刺が込められています。
1980年代の終わりから2000年代初頭に引き起こされたパレスチナの紛争をテーマに、
反戦に対する思いが込められた《Thrower》や
ベトナム戦争の写真をもとに、アメリカ現代文化の象徴でもあるミッキーマウスやドナルド・マクドナルドが加えられた《ナパーム弾》など
代表的な作品を紹介します。

さらに、ユーモアあふれる動物の姿により、ストリートアーティストを象徴して描いた《Laugh Now》や《Rat》なども紹介します。
自らを動物に重ね合わせて表現した遊び心と皮肉に満ちた作品となります。

■世界中で活躍するストリートアーティストの作品を一堂に公開

街をキャンバスに自らの想いをありのまま描くストリートアート。
壁に直接スプレーを用いて描く基本的な「ペインティング」もあれば、
薄い紙、段ボールなどにあらかじめ絵を描き、糊で壁面に り付ける「ペーストアップ」という技法を用いる場合もあり、
アーティストによって表現技法が異なることもストリートアートならではの醍醐味です。

さらにスプレー塗料をはじめ、さまざまな画材が発達した現在、
もはやグラフィティの枠を超えて、絵画という二次元の制約を破った「インスタレーション」を得意とするアーティストも登場します。
作品を前にその空間へ没入するかのような感覚をお楽しみください。

本展ではバンクシー以外にもTVBOYやSWOONなど現在も活躍する計30名以上のストリートアーティストのバラエティ豊かな作品を展観します。

■ストリートアートの本質に迫る

バンクシーは、都会に棲みつく “ネズミ” に喩えたストリートアーティスト。人目を忍んで、夜な夜な現れては作品を残して、また姿を消す、言わば謎に満ちた作家でもあります。

本展ではスプレー塗料のみならず紙や木、鉄など様々な素材を用いて確立した彼ら独自の表現技法を幅広く紹介します。
ストリートアートが歩んできた歴史を辿りながら、当時の世相に対してアーティストが作品に込めた想いを明らかにすることで、知られざるストリートアートの実態に迫ります。

<画像の複製は禁止されています!>

1.BANKSY 《 船と少女》 2004


2.ANDREA RAVO MATTONI 《Echo of Vermeer》 2021  ©Artrust – Courtesy of the artist


3.BANKSY 《Thrower》 2019


4.BANKSY 《Laugh Now》 2003


5.TVBOY 《VINCENT’S SELFIE》 Pop House Gallery ©TvBoy

展示構成 

本展ではバンクシー作品、その他のストリートアーティスト作品と併せて約100点を展観します。

バンクシー以前 :グラフィティの時代

『ニューヨーク・タイムズ紙』に初めてグラフィティが紹介されたことから「全てのストリートアーティストの父」と称される タキ183(Taki 183)といった1970年代のニューヨークを中心に活躍したアーティストを紹介します。


バンクシーとストリートアートの進化

全米はもちろん、1990年代にはヨーロッパや日本でも次第に注目を集めるようになったグラフィティ。
当時、スプレー缶以外にも様々な画材が用いられるようになり、言うわばストリートアートの爛熟期を迎えつつありました。
TVBOY(TVボーイ)やANDREA RAVO MATTONI(アンドレア ラヴォ マットーニ)など、次世代の担い手となったストリートアーティストを紹介します。


インスピレーションの始まりと根源

ストリートアートが進化を遂げる中、登場したバンクシー。
キース・へリング(1958~90)やジャン・ミッシェル・バスキア(1960~88)、アンディ・ウォーホル(1928~87)のような独自の路線を切り開いた作家たちを意識し、創作活動を続けました。
バンクシーが自らの表現様式を確立させた原点を振り返ります。


バンクシー :作者、アーティストを超えて

グラフィティ作家としての活動のみならず、テーマパークやイベントの企画、CDジャケットのデザインを手がけるなど、様々な分野でバンクシーは活躍しています。
特に、故郷のイギリス・ブリストルで流行したアメリカのヒップホップやジャズに影響を受けた歌手の音楽活動に深い理解を示しています。
グラフィティ作家とはまた異なるバンクシーの一面にスポットを当てます。


バンクシー :制度に対する芸術

バンクシー芸術の真髄ともいえる社会や政治に対する風刺、批判を掲げた作品の数々を紹介します。
世界各地で引き起こされた紛争や人種差別に対する想いなど、作品に託されたバンクシーの真のメッセージに迫ります。

展覧会実施概要 

名 称 バンクシー&ストリートアーティスト展 ~時代に抗う表現者の声よ響け
会 期 2022年3月12日(土) ~ 6月12日(日)
開館時間 午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで )
休館日 月曜日(祝日の場合は翌日)、4/5~4/8
入館料 一般 ¥1,300 / 高大生 ¥900(要学生証提示)、中学生以下 無料(要保護者同伴)
※ 障害者手帳をお持ちの方(要提示)、付添者(1名のみ)無料

WEB事前予約制
 「事前WEB予約制」・「詳細な予約情報はHPをご覧ください。」
(佐川美術館)

新型コロナウイルス感染状況に応じて、実施概要が変更になる場合がございます。
最新の情報については、必ず佐川美術館ホームページをご確認ください。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました