pic「コレクション 春 ―所蔵作品による名品展」(3/19-7/3) (アサヒビール大山崎山荘美術館)

pick out

コレクション 春 ―所蔵作品による名品展

2022年3月19日(土) – 2022年7月3日(日)


アサヒビール大山崎山荘美術館

アサヒビール大山崎山荘美術館
(所在地 京都府乙訓郡大山崎町銭原5-3 館長 田中晃)は、
2022年3月19日(土)から7月3日(日)まで、
企画展「コレクション 春 ー所蔵作品による名品展」を開催いたします。

当館は、1996年春に開館しました。
所蔵品の中核を成すのが、
クロード・モネ《睡蓮》をはじめとする西洋近代絵画と、
開館に際して寄贈された、
朝日麦酒株式会社(現アサヒビール株式会社)初代社長・山本爲三郎による
民藝運動ゆかりのコレクションです。

本展では、およそ1000件の所蔵品から選出した、
多彩な作家たちとその作品を全館でご紹介いたします。

地中館では、
モネ《睡蓮》をはじめ、ポール・シニャック《ヴェネツィア》など水の情景を特集し、
「地中の宝石箱」の名にふさわしい小さくも見ごたえのある空間で皆さまをお迎えします。

山手館は、
ワシリー・カンディンスキー、パウル・クレーをはじめ
印象派以降の主な芸術運動に関わった作家を、

本館では、
生誕135年のバーナード・リーチと同じく120年のルーシー・リー、
英国陶芸を代表する二人の作品をその関係性からひもときます。

また、喫茶室では、
リーガロイヤルホテル京による本展特スイーツを会期限定で提供いたします。
美術館の庭園に花々が咲き誇る春から、池が睡蓮で満ちる初夏のころ、
遺された貴重な建築物や美しい風景とともに、
珠玉の逸品をお楽しみください。

<アサヒビール大山崎山荘美術館リリース資料より>

<画像の複製は禁止されています!>

1.ワシリー・カンディンスキー 《コンポジション》1922年 


2.クロード・モネ 《睡蓮》1914-17年


3.パウル・クレー 《大聖堂(東方風の)》1932年 

 
4.ルーシー・リー 《溶岩釉長頸壺》1989年 Estate of the artist

<作品はすべてアサヒビール大山崎山荘美術館蔵>

【開催概要】

展覧会名 コレクション春―所蔵作品による名品展
会期 2022年3月19日(土) ~ 2022年7月3日(日)
休館日 月曜日(祝日の場合は翌火曜)、ただし5月2日は開館
開館時間 10:00 ~ 17:00(最終入館16:30)
会場 アサヒビール大山崎山荘美術館
〒618-0071 京府乙大山崎町原5-3
JR山崎、または阪急大山崎より徒歩約10分
TEL:075-957-3123(総合案内)

https://www.asahibeer-oyamazaki.com
主催 アサヒビール大山崎山荘美術館
後援 京都府、大山崎町、大山崎町教育委員会、京都新聞、読売新聞京都総局
朝日新聞京都総局、毎日新聞京都支局、産経新聞社京都総局、エフエム京都

入館料 一般 900円(800円)、高大生 500円(400円)
中学生以下 無料、障害者手帳をお持ちの方 300円
※ ( )内は20名以上の団体の場合

作品点数 約70点

※ 新型コロナウイルス感染症拡大防止の点から、掲内容が変更となる場合がございます
最新情報は当館ウェブサイトをごください

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました