preview「サロン! 雅と俗 - 京の大家と知られざる大坂画壇」(3/23-5/8) (京都国立近代美術館)

preview

サロン!と俗 - 京の大家と知られざる大坂画壇

2022年3月23日(水)~2022年5月8日(日)

前期:3月23日~4月17日  後期:4月19日~5月8日

京都国立近代美術館

みどころ

江戸時代、
京都では文人画家の池大雅や与謝蕪村、
実物写生に基づく絵画で人気を博した円山応挙、
蕪村と応挙に学んで叙情的な画風を確立した呉春など、
個性あふれる画家が活躍しました。

一方大坂では、
木村蒹葭堂けんかどう、岡田米山人べいさんじんなど、
町人としての本業がありながら、
自娯じごの精神による絵画を描いた文人が数多くおり、
彼らは身分や職業に関わりなく、幅広い交流の輪を作りました。

京都と大坂は
密接な関係の中で発展を遂げており、
文化サロンとも言うべき
濃密な文化人のネットワークが形成されました。

さらに、京都や大坂には
他の地域から多くの文化人が集まり、
浦上玉堂、田能村竹田、谷文晁
らもこの文化サロンの一員でした。

本展では、
江戸時代から近代にかけて、
京都と大坂で活躍した画家の代表的な作品を紹介するとともに、
その交流によって形成された文化サロンにも焦点を当て、
当時の文化交流の様相を紐解きます。

大英博物館、
ロンドン大学SOAS、
関西大学アジア・オープン・リサーチセンター(KU-ORCAS)、
京都国立近代美術館が中心となって、
さまざまな専門分野の
研究者と共同で行ってきた研究を基盤としたものであり、
国際的な視野に立って
京・大坂の美術を通覧する
初めての大規模な展観となります。 

<京都国立近代美術館リリース資料より>

<☆ 自娯(じご)=(参考)「自娯の感覚」明尾圭造氏 PDF>

プレスプレビューのもよう(2022/03/22)

関連イベント

シンポジウム「サロン!京と⼤坂の絵画ー継承か断絶か?」(終了)
⽇時:3⽉27⽇(⽇)午後1時〜午後3時30分
登壇者:中⾕伸⽣(関⻄⼤学名誉教授・⼀般財団法⼈きょうと視覚⽂化振興財団理事)、実⽅葉⼦(泉屋博古館学芸部⻑)、橋⽖節也(⼤阪⼤学教授)、明尾圭造(⼤阪商業⼤学教授・商業史博物館主席学芸員)
会場:京都国⽴近代美術館1階講堂+ウェブ配信(YouTube)
ウェブ配信は、YouTubeからご覧いただけます。(配信視聴の事前申込は不要)
参加費:無料


講演会①「京・⼤坂の画家たちの交流」
⽇時:4⽉9⽇(⼟)午後2時〜午後3時30分
講師:中⾕伸⽣(関⻄⼤学名誉教授・⼀般財団法⼈きょうと視覚⽂化振興財団理事)


講演会②「⼤坂に⻄⼭派あり!ー芳園・完瑛にみる写⽣画の系譜」
⽇時:4⽉23⽇(⼟)午後2時〜午後3時30分
講師:明尾圭造(⼤阪商業⼤学教授・商業史博物館主席学芸員)


講演会③「“沈南蘋”をキーワードにして読み解く」
⽇時:4⽉30⽇(⼟)午後2時〜午後3時30分
講師:平井啓修(京都国⽴近代美術館主任研究員)


会場はいずれも京都国⽴近代美術館1F講堂
詳しい情報は、京都国⽴近代美術館HPをご確認ください。

「サロン!雅と俗-京の⼤家と知られざる⼤坂画壇」開催概要

会期 2022年3⽉23⽇(⽔)~5⽉8⽇(⽇)※会期中に⼀部展⽰替えがあります
前期 3⽉23⽇(⽔)~4⽉17⽇(⽇)
後期 4⽉19⽇(⽕)~5⽉8⽇(⽇)
※本展は巡回いたしません
開館時間 午前9時30分~午後5時(⾦・⼟曜⽇は午後8時まで)
*⼊館は閉館の30分前まで
*新型コロナウイルス感染拡⼤防⽌のため、 開館時間等は変更となる場合があります。 来館前に最新情報をご確認ください。

休館⽇ ⽉曜⽇※ただし5⽉2⽇(⽉)は開館
観覧料 ⼀般:1,200(1,000)円 ⼤学⽣:500(400)円
※( )内は20名以上の団体、夜間開館時(⾦・⼟曜17時以降)の夜間割引料⾦。
※⾼校⽣以下・18歳未満は無料*。
※⼼⾝に障がいのある⽅と付添者1名は無料*。
※⺟⼦家庭・⽗⼦家庭の世帯員の⽅は無料*。
*⼊館の際に証明できるものをご提⽰ください
※本料⾦でコレクション展もご覧いただけます。

会場 京都国⽴近代美術館
主催 京都国⽴近代美術館、朝⽇新聞社
特別協⼒ ⼤阪歴史博物館
協賛 関⻄⼤学アジア・オープン・リサーチセンター(KU-ORCAS)、⼀般財団法⼈きょうと視覚⽂化振興財団
HP https://www.momak.go.jp/

<京都国立近代美術館リリース資料より>

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました