preview「旅スル絵画 ― 住友コレクションの文人画」(3/26-5/15) (泉屋博古館) ・  同時開催の青銅器館「中国青銅器の時代」では、修復された『耳杯』と『旋』を特別展示

preview

「旅スル絵画 ― 住友コレクションの文人画」

2022年3月26日(土)~5月15日(日)


泉屋博古館(京都・鹿ヶ谷)



同時開催されている「中国青銅器の時代」(於・青銅器館)では、「耳杯(じはい)」と「旋(せん)」が、里帰り前に特別展示されている。
これは、2000年ほど前の匈奴の墓から発掘された漆器で、漢で製作されたもの。
住友財団への修復助成事業としてモンゴル国から依頼され、約2年をかけてこのほど修復が完了した。
皇帝が使用したとみられる当時の最高級漆器2点を展示、表面に書かれていた漢字や、修復がどのような経過で行われたのかなどをパネルで紹介している。


「旅スル絵画」内覧会のもよう(2022/03/25)


pic「旅スル絵画 ― 住友コレクションの文人画」(3/26-5/15) (泉屋博古館)

【開催概要】

名称 旅スル絵画―住友コレクションの文人画
    同時開催 青銅器館「中国青銅器の時代」
     コーナー展示「住友財団助成修復完了記念 モンゴル匈奴墓出土漢代紀年漆器」
会期 2022年3月26日(土)~ 5月15日(日)
休館日 月曜日
会場 泉屋博古館(京都市左京区鹿ヶ谷下宮ノ前町24)
    〔開館時間〕10時~17時(入館は16時30分まで)
入館料 一般 800円/高大生 600円/中学生以下 無料
     ※20名以上は団体割引20%引き、障がい手帳ご呈示の方は介護者1名まで無料
主催 公益団法人泉屋博古館、京都新聞
後援 京都市/京都市教委員会/京都市内博物館施設連絡協議会/公益社団法人京都市観光協会

*すべて入館料のみでご参加いただけます。
*予約受付開始 3月15日 10時より
 ホームページまたは電話075-771-6411(先着順)


スペシャル・トーク①
「『サロン!展』からみた住友コレクションの文人画」
4月17日(日)13時30分~15時
講師:平井啓修氏(京都国立近代美術館主任研究員)
定員:40名(要予約)


スペシャルトーク②
「文人と泉南-京・大坂との往来」
4月30日(土)13時30分~15時
講師:冨田博之氏(南泉州史遊会 泉佐野市立歴史館いずみさの元学芸員)
定員:40名(要予約)


学芸員によるスライド解説①
4月6日(水)14時~15時
解説:実方葉子(泉屋博古館 学芸部長)
定員:40名(予約優先)


学芸員によるスライド解説②
5月7日(土)14時~15時
解説:実方葉子(泉屋博古館 学芸部長)
定員:40名(予約優先)


青銅器館第四室コーナー展示
住友財団助成修復完了記念
「モンゴル匈奴墓出土 漢代紀年漆器」関連イベント
特別講座「蘇る漆器 -モンゴル出土 漢代漆器の保存修復」

4月9日(土)13時30分~16時
「モンゴル国の匈奴の遺跡」
講師:大谷育恵氏(京都大学白眉センター特定助教)

「漢代の漆器を保存修復する」
講師:岡田文男氏(京都芸術大学客員教授)
        いずれも定員:40名(要予約)


テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました