pre「旅する印象 ー画家が見つめた、ひと・町・自然ー」(6/25-9/25) (堂本印象美術館)

pick out

「旅する印象 ー画家が見つめた、ひと・町・自然ー」

2022年6月25日(土)~9月25日(日)

堂本印象美術館

コレクション展
「「旅する印象 ー画家が見つめた、ひと・町・自然ー」では、

印象が61歳で初めて経験した欧州旅行の足跡を中心に、
若い頃に旅した中国を題材にした作品とあわせて紹介し、
渡欧前後の風景表現の広がりを紹介します。

<堂本印象美術館リリース資料より>

展示点数計:68点
うちヨーロッパ:40点 中国:24点 70歳代以降の作品:4点


三輪晃久館長

「本展『旅する印象』では、
初の海外旅行である中国を旅した30歳代頃の作品と、
初めてヨーロッパを訪れた60歳代以降の印象作品とに大きく分けて展示しているが、
印象の不思議なところは、
どちらが30歳代の作品でどちらが60歳代のものなのか時にそれがわからなくなること。
どちらも創作意欲に満ち溢れている」

「30歳代の印象は、
 中国から幻想的な感覚を覚え、独自のファンタジーを付け加え、印象独自の絵画を作り上げた」
「60歳代で初めてヨーロッパへ行った時には、
 単に写生するだけでなくそれを自分で料理し、作り直して、
 新しい抽象画としての世界を産み出している」

「堂本印象が海外をどう捉え、海外旅行により、どんな世界が創られたのか、
 という面白さをご覧いただきたい」

みどころ『旅する印象』 松尾主任学芸員

「コロナ禍で、『旅』特に海外旅行は日常的なものではなくなっている。
 そんな中、旅をテーマにどういった展示ができるのかと考え
 『旅する印象 ー画家が見つめた、ひと・町・自然ー』となった」

「60歳代の時のヨーロッパ旅行での作品はよく知られているが、
 今回は30歳代に行った初の海外旅行、中国旅行で描いた作品も一緒に展示している」

「今回、一番参考にしたのが『美の足音 ヨーロッパ美術紀行』
 (人文書院刊)(絶版)(足は旧漢字)という本。
 印象が実際に目で見たことを書いたエッセイ。挿絵・スケッチが48点入っている」

「印象は若い頃からヨーロッパへ行きたかったが、
 体が弱く金銭的な事情もあって行けなかった。
 60歳を過ぎて、ようやくヨーロッパへ行くことができた。永年の夢が積もっていた」

「印象は名所旧跡より、ヨーロッパの日常風景を描いた。
 むしろ日常の生活や人々、裏街などに絵心を誘われて、たくさんのスケッチを残している」
「そこに、複雑な人間模様を描き込んでいる」
「アパートや町並みなどを取り上げ、帰国後、抽象的な作品へと仕上げていった」

「また、今回ポイントとなるのが、甥の尚郎氏。(印象の弟・四郎の息子)
 当時24歳の新進気鋭の日本画家として活躍していた」

「6ヶ月にわたって尚郎氏が同行したこの欧州旅行をキッカケに、
 印象は前衛芸術に触れ、抽象画を表現するようになった」
「70歳代になると、『風神』(70歳)『はるかなる海』(76歳)など、
 線を基調にした作品へと、印象の抽象表現はさらに発展していく」

「30歳代の頃は『ようやく日本画家になれた』という本当に純粋な心、
 その一心で描き、中国旅行をもとにした作品を完成させた」

「30歳代の作品と併せてご覧いただくことで、
 情熱あふれる研究意欲旺盛な若き時代から、
 熟練、熟成された境地に至った60歳代以降の、
 ちょっとウィットに富んだ、洒脱な表現、
 それぞれを比較して、ご覧いただけたら面白い」

「また『モンパルナス』にもご注目を」
「いま若い人が見ても『かわいい!』と言ってくれるような作品も描いている。
 今の時代にも通じるような軽やかな挿絵も多い」

「こういった印象の画域の幅の広さというのも、お楽しみいただきたい」

『旅する印象』内覧会

堂本印象は
好奇心旺盛、研究熱心、意欲満々、何でもできる進取の気性に富んだ人であったようだ。
その印象が、抽象画と本格的に出会ったのは、
61歳で初めて訪れた欧州旅行でのことだった。
「ヨーロッパの抽象画に触れたことにより、自らも積極的に抽象画を描くようになった」(松尾主任学芸員)という。

その30年前、30歳代の頃には3年連続で中国を訪れている。
その頃描いた『爽山映雪』(30歳)は、夏に写生をしたにもかかわらず雪が積もり、
空の上から眺めたような俯瞰図で描かれている。
抽象への芽生えはあった。
特選を受賞した『調鞠図』と共に第3回帝展に出展された。

中国遊歴後に描いた『仙人図』
12人の仙人を描いたこの作品が、今回展示されている。
明代の学者洪応明による『仙佛奇踪』を参考にしたといわれ、
各仙人の象徴的な場面を、大胆な構図、軽やかな筆致で表現している。

6月24日、下河邊英寿副館長の司会進行で内覧会が行われた。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました