pic「どうぶつ美術館」(7/16-10/10) (嵯峨嵐山文華館)

pick out

どうぶつ美術館

2022年7月16日(土)~10月10日(月・祝)

嵯峨嵐山文華館

日本画にしばしば登場する動物。

鹿や狸など身近に生息する野生動物や、
牛や馬など家畜として人の生活を支えてきた動物など、
様々な生き物が動く姿をいかに表現するかということは、
古来多くの画家が取り組んできたテーマでした。

本展覧会では、
日本人にとって動物がどのような存在であったのかなど、
動物が描かれるようになった背景や、
画家を魅了した様々な動物画をご紹介いたします。


○前期:19点→ うち初公開3点
○後期:19点→ うち初公開5点
○通期:19点→ うち初公開5点
○作品総数:57点

※作品点数は変わる可能性がございます



<嵯峨嵐山文華館リリース資料より>


第1章:動物画の魅力

第1章では、
画家を惹きつけてやまない動物の魅力を、巨匠たちの絵を通じてご紹介します。

円山応挙の愛くるしい《竹に狗子図》(前期)や、
勇猛な肉食獣を描いた大橋翠石《獣王図》(通期)や西村五雲《高原之鷲》(通期)、
鹿の優しい眼差しが印象的な木島櫻谷《秋野孤鹿》(通期)
などを展示します。


第2章:人と動物との関わり

第2章では
人との関わりが深い動物を描いた作品を取り上げます。

金屏風いっぱいに黒牛の姿を描いた竹内栖鳳《春郊放牛図》(通期)や、
昔からペットとして多くの人に愛されてきた猫を描いた
菱田春草《梅下白猫》(通期)、前田青邨《猫》(前期)など、
画家が絵に込めた身近な動物への愛情を感じていただければ幸甚です。


<画像の複製は禁止されています!>

01 円山応挙《竹に狗子図》 福田美術館蔵(前期展示)


02 大橋翠石《獣王図》 福田美術館蔵(通期展示)


03 木島櫻谷《秋野孤鹿》 福田美術館蔵(通期展示)


04 西村五雲《高原之鷲》 福田美術館蔵(通期展示)


05 竹内栖鳳《春郊放牛図》(右隻)  福田美術館蔵(通期展示)


06 横山清暉《孔雀図》 福田美術館蔵(後期展示)


07 菱田春草《梅下白猫》 福田美術館蔵(通期展示)


08 森祖雪《親子猿図》 福田美術館蔵(前期展示)


09 大橋翠石《雪中双兎之図》 福田美術館蔵(後期展示)


どうぶつ美術館 嵯峨嵐山文華館

<開催日時>
2022年7月16日(土)~ 10月10日(月・祝)
○前期:2022.7.16~8.29
○後期:2022.8.31~10.10

10:00~17:00 (最終入館16:30)

●休館日:毎週火曜日、8/19~8/22(貸切)

<主催> 嵯峨嵐山文華館・京都新聞
<後援> 京都府・京都市教育委員会・京都商工会議所

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました