pic 特別展「生誕150年記念 板谷波山の陶芸 -近代陶芸の巨匠、その麗しき作品と生涯-」(9/3-10/23) (泉屋博古館)

pick out

特別展「生誕150年記念 板谷波山の陶芸 -近代陶芸の巨匠、その麗しき作品と生涯-」

特別展
「生誕150年記念 板谷波山の陶芸
-近代陶芸の巨匠、その麗しき作品と生涯-」


2022年9⽉3⽇(⼟)〜10⽉23⽇(⽇)

泉屋博古館

<泉屋博古館リリース資料より>

展覧会概要

陶芸家 板谷波山(本名嘉七、1872-1963)は、
明治5年茨城県下館町(現・筑西市)に生まれ、
昭和28年(1953)には陶芸家として初の文化勲章を受章し、
昭和29年(1954)には日本画の横山大観とともに茨城県名誉県民の第一号となりました。

波山は、
理想の作品づくりのためには一切の妥協を許さないという強い信念により、
端正で格調高い作品を数多く手がけました。

その一方で、故郷のまちと人々をこよなく愛し、
共に信頼し、共感し合いながら、生きていくことを大切にした人物でもありました。

令和4年(2022)3月3日、
我が国の至宝である波山は、生誕150年を迎えました。
この記念すべき年に、
住友コレクションはじめ波山の選りすぐりの名作を一堂に集め展覧します。

あわせて、波山が生まれ愛した故郷への思いや人となりを示す貴重な資料、
そして試行錯誤の末に破却された陶片の数々を通して、
「陶聖」と謳われる波山の様々な姿を紹介いたします。

波山の作品に表現された美と祈りの世界に癒され、
そして、波山の優しさとユーモアにあふれた人生に触れるひと時をお楽しみください。


<画像の複製は禁止されています!>

葆光彩磁(ほこうさいじ)の最高傑作

重要文化財《葆光彩磁珍果文花瓶》
1917(大正6)年 泉屋博古館東京蔵
口径27.7 高51.0 胴径39.8 底径21.0

高さ約80㎝の波山最大作品

《彩磁蕗葉文大花瓶》
1911(明治44)年頃 廣澤美術館蔵
口径23.5 高77.5 胴径43..0 底径28.0

波山がめざしたアール・ヌーヴォー

《彩磁金魚文花瓶》
1911(明治44)年頃 筑西市(神林コレクション)蔵
口径10.3 高28.5 胴径19.8 底径13.3

彦根更紗から楽園のイメージへ

《彩磁更紗花鳥文花瓶》
1919(大正8)年頃 泉屋博古館東京蔵
口径17.6 高39.0 胴径43.7 底径16.2

大正後期における彩磁の傑作

《彩磁草花文花瓶》
大正後期 廣澤美術館蔵
口径12.9 高23.4 胴径23.7 底径10.8

波山とまる夫妻初の御前制作作品

《彩磁菊花図額皿》
1911(明治44)年 しもだて美術館蔵
径30.0 高5.0 底径16.9

薄衣をまとうやきもの

《葆光彩磁葵模様鉢》
大正前期 個人蔵
口径25.5 高11.1 底径10.9

艶麗な窯変の美しさ

《天目茶碗》
1944(昭和19)年 筑西市(神林コレクション)蔵
口径11.8 高6.8 底径3.6


彩磁香炉の最高傑作

《彩磁珍果文香炉 [火舎 北原千鹿] 》
1925(大正14)年 廣澤美術館蔵
口径12.8 高11.4 胴径14.0 底径7.9
火舎: 径11.1 高5.5

《葆光彩磁葡萄唐草文花瓶》
1915(大正4)年頃 泉屋博古館東京蔵

開催概要

展覧会名 特別展「生誕150年記念 板谷波山の陶芸

―近代陶芸の巨匠、その麗しき作品と生涯―」

   ・同時開催:青銅器館「中国青銅器の時代」

会期 2022年9⽉3⽇(⼟)〜10⽉23⽇(⽇)
休館日 月曜日(9/19、10/10日は開館)、9/20(火)、10/11(火)
開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで)
会場 泉屋博古館〒606-8431京都市左京区鹿ヶ谷下宮ノ前町24
   ・℡:075-771-6411 URLhttps://www.sen-oku.or.jp/kyoto
入館料 一般1,000円 高大生800円 中学生以下無料
 *本展覧会の入場料で青銅器館もご覧いただけます
 *20名以上は団体割引20%、障がい者手帳ご呈示の方は無料
主催 公益財団法人泉屋博古館、日本経済新聞社、京都新聞
後援 京都市、京都市教育委員会、京博連、公益社団法人京都市観光協会、NHK京都放送局
特別協力 筑西市、公益財団法人波山先生記念会、廣澤美術館
企画協力 株式会社キュレイターズ

巡回会場

2022年4⽉16⽇(⼟)〜6⽉19⽇(⽇) しもだて美術館(終了)
 ※筑⻄市内にある板⾕波⼭記念館、廣澤美術館で同時開催
2022年6⽉25⽇(⼟)〜7⽉24⽇(⽇)⽯川県⽴美術館(終了)
2022年9⽉3⽇(⼟)〜10⽉23⽇(⽇)泉屋博古館
2022年11⽉3⽇(⽊・祝)〜12⽉18⽇(⽇)泉屋博古館東京
2023年1⽉2⽇(月・祝)〜2⽉26⽇(⽇)茨城県陶芸美術館

会期中のイベント

 すべて入館料のみでご参加いただけます。
会場:当館講堂/いずれも14:00より/各定員:40名(予約制・先着順)
受付開始:8月12日(金)11:00より、ホームページ または 電話075-771-6411 にて

■ 講演会

9月3日(土)「板谷波山の陶芸-麗しき作品と生涯」終了)
 講師:荒川正明氏(本展監修者・学習院⼤学教授)

10月10日(月・祝)「陶芸家・波山誕生:金沢時代を語る」
 ゲスト:荒川正明氏、濱岸勝義氏(石川県立工業高等学校)

■ 学芸員のスライドトーク

9月23日(金・祝)「近代工芸もうひとつの源流―中国古代青銅器の造形と紋様―」
 泉屋博古館学芸員 山本堯

10月9日(日)「コレクター・住友春翠と板谷波山」
 泉屋博古館東京学芸員 森下愛子


作陶技法 wikipedia より 「葆光彩磁」

波山の作品には青磁、白磁、彩磁(多色を用いた磁器)などがあるが、
いずれも造形や色彩に完璧を期した格調の高いものである。

波山の独自の創案によるものに
葆光釉(ほこうゆう)、葆光彩という釉薬(うわぐすり)を使った
葆光彩磁(ほこうさいじ)という技法がある。
これは、器の表面に様々な色の顔料で絵付けをした後、全体をマット(艶消し)の不透明釉で被うものである。

この技法により、
従来の色絵磁器とは異なった、ソフトで微妙な色調や絵画的・幻想的な表現が可能になった。

第57回日本美術協会展出品作「珍果文花瓶」もこの技法によるもので、
美術学校時代に習得した彫刻技術を生かして模様を薄肉彫で表した後、
繊細な筆で絵付けをし、葆光釉をかけた作品である。

<wikipedia より>


テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました