pic 特別展「京(みやこ)に生きる文化―茶の湯―」(10/8-12/4) (京都国立博物館)

pick out

特別展「京(みやこ)に生きる文化―茶の湯―」
(公式サイト)


2022年10月8日(土)~12月4日(日)

京都国立博物館


<京都国立博物館リリース資料より>


京都は国内外から多くの人が訪れる、国際観光都市です。
訪れる人々を惹きつけるのは、
京都で醸し出されてきた社寺建築や美術工芸などの歴史遺産、
茶道や華道、能、狂言、舞踊などの伝統文化を中心とするものでしょう。
いまに繋がる茶の湯の原形は、平安時代末頃に中国からもたらされました。

茶の湯は、
鎌倉時代、南北朝時代、室町時代と時代が進むなかで徐々に和様化し、
現在では日本文化を象徴するものとして世界で認知されています。

現在でも、茶道の家元や茶家の多くが京都を本拠としており、
京都はそうした茶の湯の歴史のなかで、中心的な役割を果たしてきました。

本展では、京都にゆかりのある各時代の名品を通して、
今なお茶の湯が生きる、千年のみやこ・京都を中心とした茶の湯文化を紹介します。

連綿と守り継がれた歴史と、茶人たちの美意識の粋を感じていただければ幸いです。


【展覧会 みどころ】

◎ 茶の湯の名品が集結!

◆ 宋の皇帝・徽宗筆とつたわる宮廷絵画の傑作、国宝「桃鳩図」を11月3日~6日の4日間、
期間限定で公開
◆ 茶の湯の茶碗の最高位ともよばれる、国宝「大井戸茶碗 銘喜左衛門」を展示
◆ 喜左衛門と並び称され、秀吉が愛用したとされる重要文化財「大井戸茶碗 銘筒井筒」が数十年ぶりに関西で公開
◆ 400年、禅の心をもって守り伝えられてきた名碗。世界に三碗現存するうち、京都・龍光院所蔵の国宝「曜変天目」を10月8日~23日に公開

◎ 時代ごとの喫茶の場を体感

◆ 建仁寺方丈での四頭茶礼の様子を名品で再現
◆ 室町時代、茶会の場で賞玩されていた唐物の名品を設えた場を体感
◆ 秀吉の黄金の茶室、利休のわびの茶室を再現



<画像の複製は禁止されています!>

1. 国宝「虚堂智愚墨蹟 法語(破れ虚堂)」 東京国立博物館(画像提供:東京国立博物館)
前期展示(10/8~11/6展示)

清らかにわびた禅の精神を語った名僧・虚堂智愚(きどうちぐ)の法語。
茶人たちに珍重され、武家茶人・松平不昧が所蔵していた。


2. 国宝「大井戸茶碗 銘 喜左衛門」 京都・孤篷庵  通期展示
重々しく堂々とした姿をみせる大井戸茶碗。
松平不昧が「天下の三井戸」と称した一碗。


3.「唐物文琳茶入 酸漿文琳」 通期展示
徳川家康が所持し、
後に酒井忠世が拝領し、姫路酒井家で伝えられてきた大名物の茶入。


4.「喫茶養生記」断簡 京都・建仁寺 通期展示
建仁寺を開山した栄西禅師が
喫茶の風習を日本に伝えた書


5.「四頭茶礼道具」 京都・建仁寺 通期展示
禅宗とともに中国からもたらされた
「四頭茶礼(よつがしらされい)」の道具。


6. 重要文化財「遠浦帰帆図」 伝牧谿筆 京都国立博物館 後期展示(11/8~12/4展示)
信長も愛蔵した、
牧谿(もっけい)の作と伝わる墨一色で豊かな情景を描き出した名品。


7.「唐物肩衝茶入(からものかたつきちゃいれ 銘 残月」 文化庁 前期展示(10/8~11/6展示)
足利将軍家が所持し、
その後も織田有楽、前田利家、徳川家康と名だたる武将が有した唐物茶入。


8. 重要文化財「茉莉花(まつりか=ジャスミン)図」 伝趙昌筆 常盤山文庫 後期展示(11/8~12/4展示)
会所の茶会などで賞玩されてきた、
中世以降 美の規範・東山御物の名品。


9. 重要文化財「青磁茶碗 銘馬蝗絆(めいばこうはん)」 東京国立博物館(画像提供:東京国立博物館) 通期展示
平重盛、足利義政が所持したと伝わる青磁茶碗。
鎹(かすがい)留めを蝗(いなご)にみたて、馬蝗絆(ばこうはん)と名付けられた。

10. 国宝「観楓図屏風」 狩野秀頼筆 東京国立博物館(画像提供:東京国立博物館)
10/8~10/23展示

洛北の高雄で茶を楽しむ人々の姿が
色鮮やかに描かれている。


11.「珍皇寺参詣曼荼羅図」 京都・六道珍皇寺 10/25~12/4展示
門前に茶屋が設けられ、
参詣に訪れた人々が炙り餅と茶を飲む様子が描かれている。


12. 重要文化財「千利休像」(部分) 伝長谷川等伯筆/古渓宗陳賛 正木美術館  後期展示(11/8~12/4展示)
利休の存命中に描かれた唯一の肖像画。


13. 重要文化財「黒楽茶碗 銘ムキ栗」 長次郎作 文化庁 通期展示


14. 重要文化財「豊臣秀吉像」 玄圃霊三・惟杏永哲賛 滋賀・西教寺 前期展示(10/8~11/6展示)
秀吉の三回忌に制作された肖像画。


15. 重要文化財「大井戸茶碗 銘筒井筒」 通期展示
秀吉愛用とされる天下の名碗。


16. 重要文化財「阿国歌舞伎図屏風」 京都国立博物館 後期展示(11/8~12/4展示)
歌舞伎小屋の前に茶屋が設けられ、
歌舞伎を楽しみながら茶が飲まれていたことがわかる。


17. 重要文化財「色絵若松図茶壺」 野々村仁清作 文化庁 通期展示
名工・野々村仁清による、
漆黒の地に色鮮やかに描き出さした茶壷。丸亀藩京極家伝来。


18. 国宝「志野茶碗 銘卯花墻」 三井記念美術館 通期展示
大胆な箆削り(へらけずり)、
形を歪ませた様子などみどころ満載の桃山時代を代表する名碗。


19. 「紫泥茶罐 宜興窯」 京都・萬福寺 通期展示
萬福寺を開山した隠元禅師が愛用した茶器。


20. 重要文化財「色絵鱗波文茶碗」 野々村仁清作 北村美術館 通期展示
江戸から現代、時代を超えて愛された茶碗。


21. 特別展「京に生きる文化 茶の湯」ポスタービジュアル


【章構成】

序章 茶の湯へのいざない

京都という地は、
「茶の湯」という日本独自の文化が生み出されるまでの歴史のなかで、
中心的な役割を果たしてきました。
現在、私たちが親しんでいる茶の湯が、
どのように根付き、時代とともに変化していったか、伝世の名品で辿ります。

第1章 喫茶文化との出会い

喫茶文化は、奈良時代に中国から日本へと持ち込まれました。
平安時代後期、
現在の茶の湯につながる中国・宋代の点茶法による飲茶が始まったことにより、
喫茶文化が大きな変化を遂げる様子と、その広がりを紹介します。

第2章 唐物賞玩と会所の茶

禅宗寺院における規範としての茶が続けられる一方で、
武家の会所では唐物を賞玩するなかで茶を楽しむ文化が生まれます。
また、茶の栽培の広がりにともない、
社寺の門前の茶屋などでは広く茶が楽しまれるようになる様子を紹介します。

第3章 わび茶の誕生と町衆文化

唐物道具がもてはやされるなかで、
日々の暮らしのなかにある道具を用いた、わびの精神を取り入れた茶が生み出されます。
わび茶が生み出され、発展する過程は、
多くの町衆の経済活動に支えられていました。

第4章 わび茶の発展と天下人

千利休がめざしたわび茶は、
信長、秀吉をはじめとした天下人も魅了させ、
武将たちは、こぞって名物となっていた茶道具の収集を行いました。
それは茶の湯が日本全国に拡がりながら、
独自の道具を生み出し、大きく形づくられていくことにも関係していきます。

第5章 茶の湯の広まり 大名、公家、僧侶、町人

利休や秀吉が活躍したのち、
武家、公家、僧侶、町人とそれぞれの立場において、茶の湯が拡がっていきました。
それぞれの茶の湯の形成過程や独自の茶道具などを紹介します。

第6章 多様化する喫茶文化 煎茶と製茶

江戸時代、中国との交流がなされるなか、
新たな中国文化がもたらされました。
煎茶もその一つです。
また、江戸時代中期頃、
京都府南部の宇治地域における製茶技術の向上により、
より良質な茶が作られるようになった様子などを紹介します。

第7章 近代の茶の湯 数寄者の茶と教育

近代になり、
文明開化の名のもとに日本の伝統文化は大きな影響を受けました。
茶の湯も例外ではなく、多くの茶道具が海外に流出しました。
そのような時代背景の中、
近代数寄者たちの間では茶の湯が流行、学校教育にも茶の湯が導入されました。


展覧会開催概要:特別展「京に生きる文化 茶の湯」

会期: 2022年10月8日(土)~12月4日(日)
    [前期展示]10月8日(土)~11月6日(日)
    [後期展示]11月8日(火)~12月4日(日)
会場: 京都国立博物館 (京都・東山七条)
公式サイト: https://tsumugu.yomiuri.co.jp/chanoyu2022/
問い合わせ: 075-525-2473(テレホンサービス)
開館時間: 9時~17時30分 (金・土曜日は20時まで、入館は閉館30分前まで)
休館日: 月曜日  ※ ただし10月10日(月・祝)は開館、翌11日(火)休館
観覧料: [一般]1,800円(1,600円) [大学生]1,200円(1,000円) [高校生]700円(500円)


テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました